こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

インプラントと矯正治療

         007.JPG   010.JPG

104.JPG      DSC_0017.JPG  DSC_0020.JPG

 上段:初診時

 下段左:スペースクローズ開始前 下段中央、右:スペースクローズ開始3週間後

 部活動中に前歯2本に外傷を負った患者様です。他院にて一本はすでに抜歯された状態でブリッジで補綴され、破損して当医院に来院されました。真ん中のもう一本も保存は不可能な状態です。成長の途中で歯を失ったためか、真ん中の前歯同士の間、および犬歯と小臼歯の間に中途半端な隙間ができてしまっていてます。保存不可能な歯はいずれ抜歯予定ですがその前に骨作りに貢献してもらいます。

 まず、中途半端になってしまっている隙間を詰めて、新しい歯(インプラント)のために必要なスペースを作ります。隙間を閉じる方法としては主にワイヤーを曲げて閉じていく方法と、ゴムの力で閉じる方法があります。今回は移動量がそれほど多くなく、審美性も気になることから透明のゴムでスペースを閉じています。一回の調整で真ん中の隙間は閉じました。糸切り歯は2回目の調整中です。

 それぞれが良い位置に並んだら、歯を支える骨の高さを作るための調整を加えます。抜歯予定の歯でも歯を支える骨作りに利用したり他の歯の移動に利用できるので、可能な限り保存しながら治療を進めることが多いです。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ