スタッフブログ

当院のスタッフを紹介します。健康な歯列の育成のために、全力を尽くしてサポートしてゆきます。

色々な道具

歯周病で骨が溶けていなくて健康な場合は歯と歯の間に隙間がありませんので、歯間ブラシは入らないかまたは入っても歯肉を押し下げているかであまり好ましくはありません。そのような場合はデンタルフロス(糸ようじ)の使用をお勧めします。歯肉に優しい使い方でダメージを与えないようにプラークだけを除去することができます。

歯周病で骨が溶けてしまっている場合は歯と歯の間に大きい隙間があります。その時は歯間ブラシを使用します。隙間の大きさによって歯間ブラシのサイズをかえていくと効率よくプラーク除去ができます。

どちらの道具もプラークを除去して歯周病や虫歯予防に役立つものですので一度使用してみてはいかがでしょうか?

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

0歳からのフッ素塗布

赤ちゃんに歯が生え始めるのは、だいたい6ヵ月頃です。生え立ての歯はまだ表面が粗造で虫歯になりやすいので、生えてきたらフッ素塗布することがおすすめです。当院では小児の検診時に積極的にフッ素塗布を行なっています。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

キシリトール商品

当院で扱っているキシリトール商品はガムとタブレットです

この商品は歯科専用商品です。

甘味料として100%キシリトールを使用しています

小さなお子様にはおやつや歯みがきのごほうびとしてもお召し上がりになれます

虫歯予防におすすめしている商品です、是非お試し下さい

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

仕上げ磨き

小学校高学年になってくると、自分で磨くお子様も多いと思います。

勿論、自分で自分の歯を磨く事が出来る事は大事な事です。

清水歯科クリニックでは、小児の検診時などにも自分で磨くコツや

歯ブラシの持ち方なども一人一人にお伝えしておりますが、やはり

お子様だけに任せずに、週に一度お母様の仕上げ磨きはとても大事だと思います。

磨けているだろうと思っても、親子のコミニケーションにもなりますので小学校、中学・高校生になっても

是非、仕上げ磨きをお子様と続けてみて下さい。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

キシリトール

毎日のおやつのかわりや、お口が寂しい時にキシリトールと取り入れては如何でしょうか?

当院で販売しているキシリトールは100%なので、お口の環境が変わっていきます。

摂取してると、唾液の質が良くなり虫歯になりづらくなっていきます。

人気のある商品になりますので、気になる方はお気軽にお声がけ下さい。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

歯の形

被せ物を作る時に歯の形を決める行程があります。前歯はとても重要で一番見えるところですし、色や形で顔の印象も異なります。また周りの歯と調和がとれていないと不自然になり、つくりものだとわかります。また性別によっても形が異なります。角張っている歯や丸みを帯びている歯等あります。当院では患者さんに最終のものが出来上がる前に必ず歯の形を確認して頂きます。もちろん口腔内の状況により限界はありますが、できるかぎり綺麗の仕上がりにしていきます。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

小児の検診

清水歯科クリニックでは、小児の検診時には毎回お口の中のお写真とお子様のお顔のお写真を撮っております。

3ヵ月に一度のペースで検診をしていただいておりますので、毎回、前回のお写真を一緒にに見ながらお話などもさせていただいております。

お子様の成長の記録にもなります。

お使いの歯ブラシをご持参いただければ、歯みがきの仕方なども一緒に練習も出来ます。もちろん、最後はお子様の好きなフレーバーのフッ素塗布します!

虫歯の無かったお子様には、がんばりグッズも用意しておりますので、3ヵ月に一度の検診に是非いらして下さい!

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

保険証の確認

清水歯科クリニックでは、月に1度必ず保険証の確認をさせて頂いております。

治療を継続されている方は月の初めに、しばらく振りのご来院の方、初めていらっしゃる方は

ご来院時に受付にご提出下さい。

また、保険の種類が変わったり、継続の切り替わり後は必ずご提出をお願いいたします。

 

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

歯ドック

清水歯科クリニックでは歯周病や虫歯について徹底的に調べて、治療計画や予防プログラムを立てています。

誰しも健康でいたいと思い人間ドックや健康診断を受けるでしょう。歯も同じように治療の前に予防できれば医療費もかさまず経済的にもエコになります。

まずはご自身の口腔内を知る事から始めましょう。歯医者さんは痛くなってから行くという考え方を改めてみませんか。検査は二回に分けて行ない3回目に全ての結果をご説明します。その後から治療や予防に入っていきます。

ご興味ありましたらご相談下さい。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

虫歯予防のガム

虫歯予防に一番大切なのは歯みがきですが、他にも虫歯予防に効果のある物があります

そのひとつがキシリトールです

キシリトールは天然の甘味料ですが虫歯菌のエサにならず、酸を作りません

ですのでキシリトール100%のガムは虫歯にならないガムなのです

積極的に取り入れてみて下さいね

 

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

予約優先

当院は予約された方優先とさせていただいております。

急な痛みや被せものが取れてしまった等の症状で急患で来られる患者様には少しお待ち頂くのと応急処置になってしまいますのでご了承ください。

次回から予約をしていただき治療を進めて行きましょう。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

矯正無料相談

当院では矯正の無料相談を行なっています。30分お時間を頂き、始めに問診をさせて頂き、

お口の中を拝見させて頂き、装置等をお見せながらお話します。

どんな治療になるか等詳しくは矯正精密検査を受けて頂いてからのお話になりますが、

歯並びが気になるお子様・大人の方もご予約のお電話お願いします。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

歯ブラシの交換時期

皆さんは歯ブラシをどのタイミングで替えていますか?

毛先が開いたら、ブラシの底の部分が汚れてきたら、新しいブラシを使いたくなったときなど理由は様々だと思います。

衛生面を考えると、一ヵ月に一度取り替えるのがベストです。歯ブラシは濡れた状態で水場に置いてあることが多いので、細菌の温床になりやすい為です。

歯ブラシを使い終わったら水気を拭いたり、風通しの良い場所で保管すると良いです。

また、一ヵ月で毛先が開いてしまうのはブラッシング圧が強いので、歯科医院でブラシ圧を確認されるのをお勧めします。

 

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

お知らせ

11月の院長不在日は15午後、17、22日となります

副院長先生の不在日は8、19午後、26日となります

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

生活の鏡

口腔内は生活の鏡と言われる事があります。生活習慣がみだれていると歯をきちんと磨かない事が多くなるそうです。そこまで気が回らなかったり、大変忙しかったり、ストレスが過剰だったりなどがあげられます。当院の患者さんで初診時に仕事が忙しくてこのようになりましたとおっしゃられて、口腔内をみてみると歯肉は腫れて出血しており、プラークが落とされていない状態で重度の歯周病でした。それから治療を行なっていくうちに患者さんの生活にも余裕が生まれて、みるみる口腔内に関心がわいてきて、毎日の歯みがきにも積極的になりました。そして今ではすっかり健康な口腔内を取り戻し、メインテナンスに来院しています。患者さんは初診時を振り返って、もうあの頃には戻りたくないと言われました。そのためにはメインテナンスが大事であるということを実感していただいています。

歯の寿命を延ばすためにはセルフケア(ご自身で)とプロフェッショナルケア(歯科医院で)の両方が必要です。ぜひ歯科医院を頼って歯の健康を保ちましょう。

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

歯周病

歯周病とは、歯と歯の境目にプラークがたまり硬い歯石になりそのまま放置してしまうと細菌が繁殖し毒素をだして骨を溶かし歯もグラグラになり自然に抜けてしまったり抜歯しなくてはいけない歯になってしまう病気です。痛みはほとんどなく知らない間に進行している場合がほとんどです。

毎日の歯みがきでは落としきれない汚れを当院では3ヵ月に一度の検診でお掃除させていただいてますので、歯周病予防の為にも3ヵ月に一度は是非検診にお越しください。

 

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ