スタッフブログ

当院のスタッフを紹介します。健康な歯列の育成のために、全力を尽くしてサポートしてゆきます。

色々な道具

歯周病で骨が溶けていなくて健康な場合は歯と歯の間に隙間がありませんので、歯間ブラシは入らないかまたは入っても歯肉を押し下げているかであまり好ましくはありません。そのような場合はデンタルフロス(糸ようじ)の使用をお勧めします。歯肉に優しい使い方でダメージを与えないようにプラークだけを除去することができます。

歯周病で骨が溶けてしまっている場合は歯と歯の間に大きい隙間があります。その時は歯間ブラシを使用します。隙間の大きさによって歯間ブラシのサイズをかえていくと効率よくプラーク除去ができます。

どちらの道具もプラークを除去して歯周病や虫歯予防に役立つものですので一度使用してみてはいかがでしょうか?

 

子供の歯並び治療室 出っ歯|すきっ歯|八重歯|受け口

0歳からのフッ素塗布  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  資料取り

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ