こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

びっくりする様な変化って?

  MFTを行って得られる二次的な効果の中には、原因、年齢,患者さんの協力度等全ての条件が整った場合、噛み合わせの改善が認められる事があります。特に乳歯列の場合は積極的な治療,すなわち矯正装置を使う前のファーストチョイスとしてMFTという一種のお口の体操をお勧めする事があります。

 ただし、あくまでもMFTはお口の働きを正常にするトレーニングで、歯並びを治すのは矯正治療なのでMFTで歯並びが治ると安易に考えてMFTを行うのは危険です。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

機能が先か,形態が先か  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >> 

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ