こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

機能が先か,形態が先か

 歯科領域に於いて機能の改善を目的に行われるものの一つにMFTがあります。

このMFT(口腔筋機能療法)とは筋肉のエクササイズを用い、不調和に陥っている口腔顔面筋群の咀嚼,唾液の収集、嚥下に於ける正しい筋肉の運動パターンを身につけて、それを習慣化することにより舌、口唇、顎を正しい位置にすること、つまり口腔環境を良い状態に整える事を目標に行います。矯正治療ではありませんので歯並びを治す為に行うものではありません。あくまでも口腔環境を整えるために、機能的な問題を改善する為に、行われます。

 ですから、MFTを行えば必ず歯並びが良くなるという訳ではありません。歯並びを悪くする原因は遺伝的、先天的なものを含め、たくさんあるからです。しかし、もし口腔環境が悪い事だけが、歯ならびを悪くしている原因だったなら?乳歯列や永久歯の交換が始まったばかりの頃で歯並びが変わりやすい時期だったら?患者さん毎日欠かさずトレーニングをやってくれたなら?

時にびっくりする様な変化を見る事があります。

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

明けましておめでとうございます  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  びっくりする様な変化って?

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ