こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

びっくりする様な変化って?

  MFTを行って得られる二次的な効果の中には、原因、年齢,患者さんの協力度等全ての条件が整った場合、噛み合わせの改善が認められる事があります。特に乳歯列の場合は積極的な治療,すなわち矯正装置を使う前のファーストチョイスとしてMFTという一種のお口の体操をお勧めする事があります。

 ただし、あくまでもMFTはお口の働きを正常にするトレーニングで、歯並びを治すのは矯正治療なのでMFTで歯並びが治ると安易に考えてMFTを行うのは危険です。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

機能が先か,形態が先か

 歯科領域に於いて機能の改善を目的に行われるものの一つにMFTがあります。

このMFT(口腔筋機能療法)とは筋肉のエクササイズを用い、不調和に陥っている口腔顔面筋群の咀嚼,唾液の収集、嚥下に於ける正しい筋肉の運動パターンを身につけて、それを習慣化することにより舌、口唇、顎を正しい位置にすること、つまり口腔環境を良い状態に整える事を目標に行います。矯正治療ではありませんので歯並びを治す為に行うものではありません。あくまでも口腔環境を整えるために、機能的な問題を改善する為に、行われます。

 ですから、MFTを行えば必ず歯並びが良くなるという訳ではありません。歯並びを悪くする原因は遺伝的、先天的なものを含め、たくさんあるからです。しかし、もし口腔環境が悪い事だけが、歯ならびを悪くしている原因だったなら?乳歯列や永久歯の交換が始まったばかりの頃で歯並びが変わりやすい時期だったら?患者さん毎日欠かさずトレーニングをやってくれたなら?

時にびっくりする様な変化を見る事があります。

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

笑顔で集い、美味しく食べて、会話のはずむ楽しいお正月をお過ごし頂けたでしょうか?

食べる,飲む、話す、息をする、笑う、日常生活に密着したこれらの動作に口のはたす役割りはとっても大きいです。

”虫歯のない,歯周疾患のない健康で綺麗な歯並びを一人でも多くの子ども達へ” を目標に2014年も臨床に,研修に、研究に日々精進したいと思います。

今年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ