こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

自然な口元を目指した治療

 矯正相談の方が最近多いのですが、小児期からの歯並び治療は永久歯が綺麗に並ぶ為の環境づくりに重きを置いています。とご説明すると、ご相談時の問題点は解決してもらえないのだろうかと心配される方も中にはいらっしゃいます。歯が綺麗に並ぶ為の環境づくりをしっかりと行って、歯並びを悪くしてしまう様な悪習癖がなければ歯を自ずと並ぶべき位置に並んで行きます。

 遺伝的、先天的な不正咬合の要素が大きければ環境を整えるだけでは綺麗な歯並びにはならない事もあります。それを診断する為に当医院では、レントゲンで骨格の形態の検査をしたり、歯型をとって顎の幅と歯の多きのバランスを調べたり、機能的な問題がないかどうVTRをとって動きの検査をしたり丁寧に何が問題でその歯並びになっているかを調べて、自然な口元を目指した治療を行っております。

 機能的な問題(食べ方、飲み方、口呼吸、発音など)は少なくとも永久歯列が全て生えてしまう前、12歳頃までには改善してあげたいです。歯並びが気になり、食べ方や発音も気になる、お口はいつも開けっぱなし、こんな症状が重なっている様でしたら早めにご相談を。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

赤ちゃんから始められる良い歯並び作り  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  美味しいね、楽しいね、MFT!

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ