こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

赤ちゃんから始められる良い歯並び作り

 赤ちゃんから始める良い並び作り?!と驚かれるかもしれません。でも、良い歯並び作りは装置を使ってする治療が全てとは考えていません。例えば、授乳、母乳,哺乳瓶での注意点、離乳の開始時期、使用するカラトリー、コップ、寝かせる時の姿勢、などなど食べる飲むという行為が始まった時からお口はどんどん成長発育し機能や形が変化します。その時になるべく良い歯並びに導いてくれる様な事を選択できるよう、もしくは悪影響のある事は避けるといった選択を患者さんが出来るように、情報提供をする事もまた良い歯並び作りをお手伝いできる手段と考えています。

 遺伝的、先天的な不正咬合の要因は残念ながら変えられませんが、後天的要因、環境要因で起こりえる不正咬合は予防したいですね。虫歯予防のフッ素塗布だけが歯科医院で行える予防医療ではありません。これからは、歯並びも、です。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

いつから矯正治療を始めるべきか?  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  自然な口元を目指した治療

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ