こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

パラダイムシフト

虫歯ができてしまって治療にいらっしゃる患者さん、虫歯の治療は嫌ですよね。

以前よりは痛みを軽減するためのお薬や技術も進んではおりますが、それでも全く苦痛がないと言えば嘘になるでしょう。通院のお時間、費用の面でも負担がかかります。

当医院に長く通ってくださっている患者さん達はメインテナンスと言って、歯や歯肉が問題ないかどうかの確認、歯磨きの仕方の確認やクリーニング、予防処置を定期的に受けるために当医院へ定期的に受診して下さっています。歯科医院をお口の健康を維持するために利用して頂いているのです。”痛くなったら歯医者へ”、から”お口の健康を維持するために歯科医院へ”という発想の転換、パラダイムシフトです。

歯医者=怖いところというイメージを持たれがちですが、当医院では特に小さな頃から虫歯にならないように受診してくださっているお子様達は全く受診を怖がりませんし(予防処置は痛くないです!)歯科医院が怖いところというイメージを子供達が持っていないので私たちもお迎えするのが楽しみです。折り紙作品のプレゼントやお手紙を頂いたり絵を頂戴したり、患者さんとより近いお付き合いができているように思います。ですから、お子さんの性格や手先の器用さ年齢に合わせた歯磨きの仕方や予防手段のお話も適切にできます。そして患者さんは、会話を楽しみながらより歯への関心、意識がたかくなり、一層虫歯にもなりにくくなります。痛い事ばかりが介在する関係だとちょっと難しいですよね。

また、良い関係が築けていると緊急事態で治療行為が必要になった場合(歯をぶつけて折ってしまった、抜かなければいけない歯ができた等)でも円滑に安全に治療ができます。これは小さな子供達を診る上ではとても重要だと思います。無理矢理の治療は安全にできません。

小さなお子様をお持ちのお父様、お母様、是非、お子さんが歯で嫌な思いをする前にリラックスした雰囲気でお子さんが歯科医院に通う事ができるような環境を作ってあげてくださいね。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

命の入り口、心の出口

歯医者になって良かったなと思います。

命を支える食べ物を摂取する器官としてのお口の健康全般に携われる事、

心の出口として思いを言葉に出すためのお口の機能改善に携われる事、

そう云うお仕事をさせて頂いている今の自分の環境に感謝しています。

お口が担っている大切な役割りを全うできるように、美味しく飲んだり食べたり、また楽しくおしゃべりをしたり、患者さんの毎日がより充実する事を、より健やかになるように、そう願って日々の診療に取り組んでいます。

虫歯、歯周病、歯並びといった歯の治療をするだけが歯科医師の仕事ではありません。歯科疾患に付随して上手く飲みこめない、食べられない、お話しがしにくい、そう云った場合は歯科で治療を試みる必要のある機能障害もあります。お口の機能面で日常生活に支障のある場合は一度ご相談下さい。何かお手伝いできる事があるかもしれません。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正診断

 当医院では無料矯正相談で患者さん、保護者の方と簡単に当医院の治療方針やお子様の歯並び治療の必要性の有無についてお話をさせて頂き治療を希望される患者さんには、精密検査を後日、受けて頂いております。精密検査に基づいた診査診断後、さらにコンサルテーションを行い治療を開始するかどうか、するとしたらどのような治療方針で進めていくかを決定します。矯正診断の精密検査にはレントゲン3種、模型診断、顔面、全身写真診断のほか舌癖の診査診断やサリバテストによる虫歯のなりやすさの診断も含まれます。お時間は90分程度、費用は消費税込みで31500円になります。

 必要に応じて舌癖が強い場合はさらに口腔機能の精密検査を行います。お水を飲んだり、果物を食べたり、クラッカーを食べたりする様子を診させて頂きます。これは悪い歯並びと正しくない日常の機能が密接に関係していると判断される場合は必須になります。必ずしも飲んだり食べたりが上手にできないお子さんが歯並びが悪くなるという訳ではありません。しかし、歯並びの悪いお子さんの中には上手く口腔の機能が働いていず、そのためにさらには並びを悪くする方向にお口周りの筋肉が作用していることが多く認められます。

 お子様の飲み方、食べ方大丈夫ですか?お口を開けながら食べる、水を飲みながらでないと食べられない、食べている時体が必要以上に動く、など気になる事がございましたらお気軽にご相談を。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

小さなお子様の治療

 初めて歯科治療を受けに来るお子さんは見るもの聞くもの全てが初めてです。だからこそ、小さなお子様の虫歯の治療は細心の注意が必要です。痛くないように、はもちろん、苦しくないように、怖くないように、手際よく治療を進めないといけません。

しかし、そう云った治療を行うためには、まずお子様とお母様と私たち治療するサイドの間に信頼関係が必要になります。

 当医院では使用する歯科器材をお子様に見てもらい、時には触ってみたりしながら、お口の中で何をどうするか患者さんの年齢に合わせたご説明をします。また、お約束事をしたらお互いに、私も守るようにしています。子ども達が先生もお約束を守ってくれると理解してくれるとその後の治療への協力度が高くなります。信頼関係がある中での治療は双方にとってストレスが少ないです。2、3歳くらいでも十分タービン(キーンという音のする歯を削る器材)等を用いて治療も可能です。結果として治療期間が無理に進めた時よりも早く終わりますし、ちゃんとした治療ができます。怖い思いをしなければ検診等も楽しみにいらしてもらえるようになります。お忙しいお母さんの中にはさっさと削って詰めて!と言わんばかりにお子様を押さえてお願いしますとおっしゃる方もおりますが、急がば回れです。ゆっくりだけど、確実にそして歯科医院が虫歯の治療をする怖い所ではなくて、歯の健康を維持するために行く所だという気持ちを小さい頃から育てていきたい、そう思っています。ご協力をお願い致します!

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

better than well - より良い状態へ

季節がら、学校歯科検診で不正咬合の欄にマルがついて来院される患者さんが最近多いです。

歯並びは絶対に治さなくてはいけないものなのか?と疑問に思った事ございませんか?

不正咬合は虫歯や歯周病と違って細菌による感染性の疾患ではありません。放っておいたら、痛くなったり歯が抜けてしまったりという事にはなりません。成長発育期に顎がズレたまま成長するのは確かに良い事ではありません。でも、歪んだままでもそれなりに噛めるように歯は並ぶのも事実です。歯並びが悪くても歯磨きがきちんとできていれば虫歯になる事はありませんし、歯周病になってしまう訳でもありません。噛み合わせが悪い事による様々な弊害、例えば顎関節症等についても相関関係は認められていません。ご本人が日常生活において、歯並びが悪いことが気にならず肉体的にも精神的にも何不自由なく生活できるのであれば、無理に矯正治療をする事で失うものの方が多いのかもしれません。

では、何故、矯正治療をするのでしょうか?

better than well-より良い状態へ を求めて行うものです。よりバランスのとれた美しいお顔立ちのためであったり、歯磨きのしやすいお口の環境のためであったり、より笑顔の美しい口元のためであったり、よりきれいな食べ方ができるように、よりお話がしやすいように、つまり肉体的にも精神的にもより健康なお口になるためです。ですから、どこに価値を感じるかで治療法が変わって来る場合もございます。何のために矯正治療をしたいのかよく考え担当医と話し合う事が大切です。そこが生きるか死ぬかの選択を迫られ、治療法に選択肢が与えられない様な疾患とは明らかに異なる矯正治療の特徴でもあり、治療の質が求められる由縁です。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

咀嚼トレーニング

 前歯のかみ合わせが反対の原因は上顎が小さい場合、上の前歯が引っ込んでしまっている、もしくは下の前歯が出っ張ってしまっている、下顎そのものが大きくて出ててしまっている等、原因は様々です。診査診断を行い原因に見合った治療を選択します。

 適切な診断と治療によって前歯の噛み合わせが改善したら、当医院では奥歯でしっかり噛む練習をしてもらいます。反対咬合の時と前歯の噛み合わせが改善した時とでは筋肉の使い方、力の入り方が違います。トレーニングによって新しく得た正しい噛み合わせでの筋肉の動きができると、これから生えてくる永久歯へ正しい力が入ります。噛み合わせが治った状態で次から次へ新しい歯が生え、並ぶ事によって、よりのその位置での噛み合わせが安定します。

 ご家庭でも行って頂くためお家の方にはお手数おかけしますが、使用しているチューブの管理やトレーニング時の注意点をしっかりと守って最小限の治療介入で最大の効果が上げられるよう、ご一緒に頑張りましょう。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ありがとうございます

移転してから早くも一ヶ月が経ちました。

おかげ様でこちらでの診療体勢もすっかり滞りなくできるようになり、また患者さんもこちらへの道順も問題なく来院頂いているようでほっと一安心です。ありがとうございます。

今まで検診のお子様達にお配りしておりました、歯っぴーレターもデザインを一新しました。

お口の健康に役立つワンポイントアドバイスを毎号掲載したいと思います。日々の生活の中でちょっと気をつけて頂きたいことって実は毎日の習慣なのでお体への影響は大きかったりします。

今月はお鼻で息をしましょう!です。口呼吸は全身の健康にはもちろん、お口への悪影響も大きいです。特に歯の交換期、顎顔面の成長発育期は影響を受けやすく、大人になって口呼吸が治ってもその時に出来上がってしまった骨格や歯並びは自然には治りません。矯正治療としても難しい分類の方に入ってしまう可能性が高いです。

口呼吸は百害あって一利無しです、お鼻で息ができるよう耳鼻科疾患の治療はしっかりと、鼻が悪くないのに習慣性の口呼吸になっている場合は歯科にご相談下さい。歯列への悪い影響をとるためのトレーニングMFTが有効な場合もあります。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ