こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

叢生 

 歯並びのご相談の多くは生えてきた歯がきれいに並ばずでこぼこになってしまっている、もしくはなりそうという”叢生”を気にされてのご相談です。

 前歯2本の叢生程度ですと、成長と共に顎が大きくなって自然に並ぶのでは?と思われるかもしれませんが、できれば早期に治療をした方が確実に顎の幅を広げる治療ができ、しかも後戻りも少ないです。上下2本の前歯が生えてきた段階でお隣の前歯の生えるスペースが既にない場合は自然にきれいに並ぶ可能性は少ないです。犬歯(糸切り歯)が萌出ししてしまって八重歯になりそうなので矯正を始めたいという場合はスペース不足のために永久歯の抜歯をせざるを得なくなる事が多いです。

 前歯部の叢生があった場合は矯正治療を将来お考えかどうか伺い、予定されているなら第一期治療を早めに行う事をご提案しています。

 歯並び治療は何歳になってもできます。時期によって治療方法が異なるというだけです。患者さんの価値観にあわせて治療時期、治療方法のご説明も致しますのでお気軽にお尋ねください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ