こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

小さい嫌われ者

本格矯正を始める際に通常、第一大臼歯には金属のリングのようなバンドにブラケットを鑞着してセットします。

歯と歯の間に隙間がないとこのリング状の金属が入らないのでバンドのセットの数日前に歯と歯の隙間を作るためにセパレーターという小さいゴムを入れます。この小さいゴムですが矯正治療中の痛みの原因のダークホース的存在です。痛いです。ゴムの代わりに歯と歯の間に針金を通してそれをねじって隙間を作る方法もあります。力の加減できる分こちらの方が幾分良いかもしれないです。

いずれにしても、奥歯のバンドセットのために歯と歯の間に隙間をあける処置の時はちょっとごめんなさい、頑張ってください。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

保定装置

ブラケットをつけて歯牙を移動する治療をした後は必ず保定をします。動かした歯が元の位置に戻らないようにするため、その位置で噛み合わせおよび一本一本の歯が安定するのを待ちます。取り外し式の装置を使って頂いたり下の前歯の裏をワイヤーで固定したりします。保定期間について様々な意見があり、できるだけ長くして欲しいというのがDr.サイドの本音です。治療直後は特にしっかりと使って頂きたいのですが、予想以上に使って頂けていないように思います。少なくとも歯を移動させたのにかかった時間程度は保定期間が必要になります。きれいなかみ合わせを維持するためにもご協力とご理解をお願いいたします。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療中の歯磨き

当医院では矯正治療中の虫歯の発生0、歯肉炎の発生防止を目指し、術前の術中のカリエスリスクテストによる診断、予防手段の決定、毎回のブラッシング指導、クリーニング、ホームケア製品の無料提供などなどサポート体制は充実しております。

それでも、なかなかお口の中の状況が改善されないお子さんもいらっしゃいます。歯磨き指導が根比べになることも。。。

たかが歯磨きされど歯磨き、なんです。歯科における二大疾患虫歯と歯周病は細菌感染によるもの。適切な歯磨きで予防ができる病気なのです。歯並び治療には関係ない?でも、歯並びがいくらきれいに治っても虫歯だらけ、歯肉は真っ赤に腫れて血が出てたり、グラグラになっちゃったら困りますよね。また、歯を動かしている時に歯肉の炎症があると歯を移動する方に歯を支える組織の中の細胞が十分に使われず上手く動かせなくなってしまいます。

きれいな歯並び、白く輝く歯、きれいなピンクの歯肉を目指して頑張りましょう。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ご兄弟、ご姉妹で

 お兄ちゃん、お姉ちゃんが治療中で歯並びについていろいろなお話をさせて頂いていると、日常気をつけて頂きたい悪い習慣や歯並びを良くするためにできる事を弟さん、妹さんもご一緒に頑張っている!という嬉しいお話をよく伺います。小さい頃から気をつけて頂ければより効果が期待できます。

 また、歯並びについてのご関心がご本人も親御さんもより強くなりますし、お兄ちゃんお姉ちゃんの治療効果や実績があるので歯並び治療が必要になった場合早期に治療を希望してくださいます。この効用は大きいです。より簡単により確実に歯並びを良い方向に導く事ができるようになります。

 治療期間が重なってしまって装置の取り扱いや、予約、治療費等、ご不安になるかもしれませんが、お気軽にご相談下さい。家族揃ってよい歯並び、素敵ですよね。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

新しい一年が始まりましたね。

6日午後から診療を開始しておりますが、おかげ様で気持ちのよいスタートです。

今年も温故知新をモットーによりお体に優しく、より効果的な治療をご提供できるよう精進いたします。

今年もよろしくお願いいたします。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ