こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

良い歯並び作りのための離乳食

 離乳食のスタートは一人でおすわりが出来る様になってから、だいたい7ヶ月頃からと、お話ししましたがこれは赤ちゃんのいろいろな機能の発達の面から考えても理にかなっているのです。


 手と口の機能の関連性から、まず、ものを食べるという動作を考えてみてください。上体を起こして手を使って食べ物を口に運びますよね。そして食べ始めるんです。ものを食べるにはまず起きた姿勢をとれる事、手が使えることが必要なんです。また実際に一人座りをし、手をより自由に動かせる様になると赤ちゃんの口の機能は急速に発達してきます。哺乳のとき、お口と顎とお口周りの筋肉をしっかり使って"咬む"トリーニングを十分してきた赤ちゃんは一人ですわって手で食べ物をお口まで運ベたら、後は自然に食べられるものを食べていきます。安定して座る事ができれば誤嚥の心配もありません。食べられないものは口から出すか、いつまでもくちゃくちゃとお口に入れています。でも、これも咀嚼のれっきとしたトレーニングです。離乳食が大変なのは体の機能がものを食べるにはまだ整っていない月齢の低いうちから、始めようとするからです。
 

 また消化管の発育の面からも7ヶ月くらいから離乳開始の妥当性を裏付けてます。よく母乳に含まれる免疫グロブリンによって生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんは守られていると言われますが、この免疫グロブリンはかなり大きな分子量のタンパク質です。大きな分子のタンパク質が素通りできるくらい6ヶ月くらいまでの赤ちゃんの腸は何でも通してしまいます。消化機能が発達するに従って、タンパク質をアミノ酸にデンプンを糖に分解して分子の小さな状態にしてから腸で栄養分を効率よく吸収する様になっていきます。ですから、何でも通してしまう腸が未発達の時に、タンパク質を食べさせ体内にダイレクトに異種タンパク質が入ったら?そう、それはアレルゲンになってしまうのです。小児科やアレルギー科でも早すぎる離乳開始には警鐘を鳴らしはじめています。ほんの数ヶ月の差でアレルギーのために一生、食事に制限がかかる可能性があるのだとしたら、早期の離乳ってどうなのでしょうか?

 いずれにしても、月齢だけを基準に画一的に離乳を進めるのではなく赤ちゃんの成長発育に合わせて離乳を進めればお母さんにとっても赤ちゃんにとっても負担にならないのではないかと思います。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

良い歯並び作りのための"離乳食"

 お待たせしました、哺乳編の続き離乳です。


 哺乳という動作は原始反射が司っていますので、産まれてすぐの赤ちゃん達は皆、おっぱいを求めて、おっぱいを飲むという一連の動作を反射的に行っています。その後、徐々にこの原始反射はなくなってきます。
 その代わりにおっぱいの飲み方を学習によって会得する様になります。どういう事かというと、舌や顎が反射で勝手に動くのではなく自分の意志で動かしておっぱいを飲む様になっていくのです。ですから、楽に飲めるような乳首から哺乳だと顎や舌、お口周りの筋肉を十分に動かす事なくそういう飲み方を学習していきます。楽には飲めない母乳であったり、咬合型の乳首(簡単にはミルクが出ないタイプのもの)からの哺乳だと自分の力で飲むという飲み方を会得していくという事です。
 この哺乳の段階で十分に顎と舌、お口の周りの筋肉を使っておっぱいを飲む事が離乳期で必要になる"飲む、咬む、嚥下する"という動作の基礎になります。

 では、いつ頃から離乳食を開始すべきだと思いますか?離乳食をはじめる時期をどう判断していますか?離乳の開始を月齢で図っていませんか?
 是非とも画一的なものに頼らず赤ちゃんの成長と発育を見てスタート時期を決めましょう。離乳への準備が整ってくると赤ちゃんからいろいろなサインが発せられてきます。原始反射がなくなってくるとか、大人の食べものに興味を示すとかetc
 一番、理にかなっているのは、赤ちゃんが一人で座れる様になってからだと思います。一人で座れない"ねんねの赤ちゃん"はまだおっぱいの時期なのです。
 一人でお座りができる様になるのはだいたい7ヶ月くらいです。

 ここで、おやおや?と思ったお母さんたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
一般的な育児書、母子手帳にはもっと早い時期で開始すると書いてありますよね。

 では、次回は早すぎる離乳をお勧めしない理由をお話しします。歯科の立場からだけでなく、小児科やアレルギー科からのお話も含めてご紹介します。
 

 
 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療中のとっておきレシピ:淡雪鍋

  前回のプリンのレシピでは卵白が3つ分余ってしまうので、おまけのレシピです。


 そのまま、他のお菓子作りに使ってもよいのですがお菓子ばかり作っている訳にもいかないとおもいますので、晩ご飯に使いましょう。

 今日はめっきり寒くなりましたので余った卵白で"淡雪鍋"にしましょうか?

☆淡雪鍋☆ 約3人分

材料:タラ、鯛、銀ムツなどの白身魚 適宜(お酒と塩をふった後、湯通ししておく)
   かぶ 4個くらい (すりおろします)
   豆腐 1/2丁
   卵白 3個分 (メレンゲ状に泡立てておきます)
   柔らかく煮た野菜や三ッ葉 適宜
   日本酒、昆布、塩、白だし醤油 適宜  

作り方:
1、土鍋に昆布でとったダシとダシの1割の分量の日本酒を煮立て、塩、白だし醤油で味を整える。

2、下ごしらえをした白身魚を土鍋にいれる。あくを丁寧に取っておく。
3、豆腐を入れて、すりおろしたカブをいれ、一煮立ちさせる。
4、泡立てた卵白を入れたら蓋をして蒸す。
5、飾りに柔らかく煮た野菜や三ッ葉などで彩りを添えてできあがり。
〆は煮汁でおじやも食べられると良いですね。

P1030791.jpg  一人分だとこんな感じです。

 各ご家庭でのお鍋に準じて作ってください。すりおろしたカブと泡立てた卵白を入れれば淡雪鍋になります。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療中のとっておきレシピ

 ブラケットをセットしワイヤーを入れた治療を開始すると、ワイヤー交換直後は多かれ少なかれ歯を動かす痛みが出ます。当日の夜くらいからじわじわと歯が浮くような痛みが出始め、3〜4日をピークにだんだん収まります。通常一週間くらいは痛みが続き普通のお食事は召し上がれないと思います。今日は久しぶりの矯正治療中のお勧めレシピです。


 我が家でも大人気のカスタードプリンです。カスタードプリンは卵と牛乳とお砂糖だけで作るシンプルなお菓子です。レシピによって各々の分量が微妙に違うのですが私はこの配分が一番好きです。
 ちょっと、一手間かもしれませんが月一回、お母さん(お父さん?!)の手作りプリンが食べられたら矯正治療の調整の痛みなんて吹っ飛んでしまう!かもしれないですよ。
 注:虫歯予防レシピではないので食べた後の歯磨きは忘れずに。

♡カスタードプリン♡ (直径21cmの丸型ケーキ1台分)

材料:カラメルソース グラニュー糖200g 水50cc
          プリン ヴァニラ棒1/2本 牛乳1リットル グラニュー糖180~200g(お好みで調整)
       全卵8個 卵黄3個分
作り方
1、カラメルソースを作ります。(火傷に注意!水を入れるとき気をつけてくださいね)
  小鍋にグラニュー糖を入れ中火にかけ、色づいたら木べらで混ぜきつね色に焦がします。火を止め水を加え再び火にかけ型に流し冷ましておきます。

2、ヴァニラ棒は縦に包丁を入れ種をしごきだし、さやと一緒に牛乳、グラニュー糖200gとともに鍋にいれ人肌程度にグラニュー糖が溶けるまで温めます。

3、ボウルに全卵、卵黄を入れて溶きほぐし2で用意した牛乳を少しずつ加え混ぜます。目の細かいこし器で丁寧にこします。(2〜3回丁寧に濾すと滑らかな仕上がりになります)1の型に静かに流します。

4、天板に湯を張り140~150°に温めておいたオーブンで1時間30分くらい蒸し焼きにします。オーブンによって癖があるので火が通ったかどうかは中央部を串で刺して確認してください。

5、粗熱をとって冷蔵庫で冷やし、冷えたらお皿の上にひっくり返して出来上り!
P1030782.jpg

どうぞ召し上がれ♡






小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

もっと早く巡り会っていたかったなぁ・・・

 先のブログでご紹介したキシリトールでの虫歯予防ですがご質問を受けたので念のため。


 取り組んでいる歯科医院に相談してくださいと申し上げた様に、虫歯の治療を済ませている事、歯科医院で合格点レベルの歯磨きは出来ている事はまず必要と考えてください。虫歯だらけ磨き残しだらけではさすがに他の衛生面でも問題が出ますよね?

 マイナス一歳からはじめるむし歯予防と赤ちゃんが産まれてから、哺乳編は各々参考図書があります。子どもを授かったときに巡り会っていたら!!と心から思った本です。是非、ご興味のある方には読んで頂きたいと思います。閲覧、貸し出しご希望の方はお気軽に受付か担当衛生士にお声をおかけ下さい。専門書ではないので大変読みやすいのでご安心ください。また、歯科医からみた食育についての本もお勧めです。お子様とご一緒に是非読んで頂きたいなと思います。

『マイナス一歳』からはじめるむし歯予防 中井雪絵先生 著 Oral Care
矯正医が教える 満一歳で離乳が終わる"らくらく"育児  金 俊煕先生 著 現代書林
カムカム大百科 〜歯科医から見た食育ワンダーランド〜 岡崎好秀先生 著 東山書房




小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ありがとう

 先日、予防について徒然なるままにお話ししましたが虫歯や歯周病の予防にこれだけしっかりと取り組める様になった今だから言える事と思います。

 虫歯や歯周病が予防できるというのは、私たち歯科医、そして歯科衛生士が各々やるべき事をしっかりやって、患者さんは患者さんの責任を果たして可能になります。そう、予防を追求するという事は患者さんにもして頂かなければいけない事をお伝えし、実行して頂かなければいけないという事です。どちらかと言うと患者さんサイドの努力によるものが大きいかもしれません。お伝えしても実行して頂くのに、なかなか難しい事もあります。でも、当医院の衛生士達は熱意を持って、お一人お一人に真剣に取り組んでいます。
 患者さんの治療の成果を一緒に喜び、時にはなかなか効果のでない事を一緒に悩んだり、励ましたり、虫歯が出来てしまった時には自分の責任の様に謝り、皆さんの傍らにはいつも頼もしい衛生士がついています。矯正治療はもちろんですが虫歯や歯周病の治療、予防にも彼女達がいてくれるからこそ今の様に出来るのだなとつくづく思います。是非、皆さんのお口の健康づくりにお役立て下さい。
 今日も厳しい場面ありましたが、頑張ってくれてました。ありがとう。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

予防について徒然なるままに...

 ブログで予防についてのお話をメインに書く様になっています。

何故かというと、正しい情報が提供できれば患者さんが自分の健康のために自分自身で出来る事だからです。
 そして、少なくとも虫歯と特殊なものを除く歯周病は患者さんの日々の取り組み次第で十分予防が可能だからです。患者さんが自分自身のお口の健康を守るために頑張ってくださっていれば、私たち歯科医や歯科衛生士は定期的にお口を拝見し、治療介入しなければいけないところがないか、ホームケアが不十分なところはないかを拝見し必要がある時だけお手伝いするだけで十分なのです。これは開業して以来の当医院の患者さんの経過からもはっきりと確信しております。虫歯と歯周病は予防できます。

 では、歯並びは?
あいにく歯並びを悪くする原因は一つではなく、どれが一番関係が深いとも言い切れない部分があります。一つ不正の芽が出るとそれを助長するような他の原因が重なりより一層重症度を増していくといったような時間軸も絡み非常に複雑です。でも、という事は?逆転の発想です、一つ不正の芽を見つけたら、もしくは不正をおこすであろう芽を見つけたらそれを早く改善して、一つ一つ摘み取っていけば良いのではないかな?たとえ完全に予防できなくても、それによって軽度の叢生、出っ歯、反対咬合でなんとか収まれば、治療も難しく複雑にはなりません。

 いろいろな学会、研修会、勉強会に参加して治療に反映できる様に自身の知識とスキルの向上を目指しておりますが患者さんに一番近い位置にいる"まちの開業医"としては自分が得た有益な知識を患者さんにわかりやすく伝える事も大切な役目だと思っております。

 機能的顎矯正治療を考える会(現:Oral Function Mesh Collaboration )という学会で不正咬合予防の可能性と必要性を感じて以来、良い歯並び作りの為に出来る事もご紹介しております。今年の学会でも学術的、技術的なお話だけでなく、哺乳、離乳、姿勢、咀嚼、呼吸、など皆さんが毎日行っている生きるために必要な基本的所作を正しく機能させる事の重要性といった患者さんが主体となって取り組めるお話も出ておりました。順次ご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

哺乳編 その2

 赤ちゃんがおっぱいを飲む時には顎と舌をたくさん動かしています。舌を盛り上げて乳首を上顎に押し当てて乳汁を圧搾するように絞り出します。この時の舌は上下前後的に力強く動いています。(蠕動運動)舌の動きに協調して顎は上下的に動いています。赤ちゃんは咬む時のような動作を既にこの頃から体得し始めているのです。

 母乳授乳の場合には舌で乳首を押す作業をしなければいけない点が哺乳瓶での授乳と違う点です。まだ研究の余地があるようですが母乳授乳の方が上顎が大きく広く成長しているという人もいます。でも、たくさん母乳が出てしまうお母さんの場合は赤ちゃんが苦労して舌を使って押し出さずとも母乳が飲めますので必ずしも、ではないようです。
 いずれにしても、舌を前後的上下的に上顎に押し当て、咬むような仕草をしないと乳汁もしくはミルクが出てこないような乳首であれば問題なくお口の成長、発育を助けてあげられると思います。そして舌の形にあうように十分に大きくなったお口には舌が気持ちよく収まり、乳歯の生えるスペースも確保できる様になります。
 これからまたお話しする機会が度々出るかと思いますが、舌が上手くお口のあるべきところに収まるという事は良い歯並び作りにはとても大切なのです。
 でも、まだまだたくさんの良い歯並び作りにできる事はありますから、哺乳はどうだったかなぁ?という方も大丈夫、この後で足し算できる事を探していきましょう。離乳食も大事ですよ〜。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

赤ちゃんが産まれてから 哺乳編その1

 妊娠中は赤ちゃんを迎える準備も楽しく、初産ならなおさら虫歯の治療もして、自身の虫歯菌をキシリトールで善玉菌に変えるなども意欲的に取り組んで頂けるかと思います。


 でも、赤ちゃんが産まれてからはちょっと勝手が違ってきます。お母さんが全く同じ体型でも性格でもない様に赤ちゃんも皆それぞれ個性があります。新米お母さんは育児書を片手にそれこそ1日単位での赤ちゃんの成長、発育に一喜一憂です。

 最初に立ちはだかる難関は、母乳育児が出来るかどうか。で、結論から言ってしまえばお口の機能の発達や成長の観点からも母乳で育てられればメリットは多いです。元々そのようにして成長発育する様に私たちの体は出来ているのですから当然と言えば当然です。産後一週間は母乳も出にくく赤ちゃんも乳首をくわえるのも下手ですし、飲む力も弱いので大変かと思いますがこの時期の生理的な赤ちゃんの体重の減少はおおらかな気持ちで受け止め母乳育児を試みてください。赤ちゃんは生まれつき母乳を飲む力が備わっていて反射的にお口が動く様に準備されています。お母さんのおっぱいも赤ちゃんに吸われる刺激で母乳の分泌が促進される様になっています。赤ちゃんの力とお母さんの自身の力を信じましょう!

 ただ、出ないお母さんは出ないです。あげられない事情のあるお母さんもいる事でしょう。出来ない事、やらなければいけない事ばかり、という気持ちで育児に取り組むのは大変です。(先は長〜いです!)これが出来なくてもあれは出来る、こんな事もやれるのね、という気持ちで、小さな足し算の積み重ねで健康なお口を作っていきましょう。

 母乳育児が難しい場合は哺乳瓶の乳首を母乳を飲む動きと同じ動き飲める様に工夫された、お口の機能の発達を促せるものを選んでください。しっかりくわえて顎、お口全体の筋肉を使わないとミルクが出てこないような、哺乳瓶を逆さまにしてもミルクが垂れてこないようなものがよいです。ヌーク社のものやピジョンのものがお勧めです。

 では、哺乳の際にどういう機能が発達しそれがその後何に影響するのかは、また次回。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

マイナス1歳からはじめるむし歯予防 続々編

 お待たせしました。今日こそマイナス1歳からはじめる虫歯予防の具体的方法ご紹介します。


 虫歯菌はショ糖(お砂糖)を摂取する事により酸を出します。この酸によって歯が溶け虫歯の穴が出来ます。また、通常の虫歯菌は歯の表面にとってもくっつきやすい粘着性の性質を持っています。今までは虫歯菌の感染を防ぐ事や虫歯菌の数を増やさない事が予防の主体でした。発想の転換です!虫歯菌が虫歯を作る悪者なら"虫歯菌を良いもの変えてしまおう!"です。
 具体的には妊娠中から主に育児をする大人のお口の中の虫歯菌の性質を変える事から始まります。(お母さんはもちろんですがお父さん、おじいちゃんおばあちゃんも参加して頂けると安心ですね。)しかも特別な薬などを使用するのではなく食品であるキシリトールでそれが出来るのです。キシリトールを習慣的に摂取する事により虫歯の原因菌であるMS菌は歯面に付着しにくくなり歯の表面に長く停滞できなくなってしまうのです。ですから、育児者の口の中の虫歯菌が赤ちゃんに感染したとしてもその菌は歯の表面にくっつけないため歯を溶かす事も出来ない事になります。もちろん100%ではありません。しかし、通常の虫歯菌より明らかに虫歯の原因にはなりにくい事が証明されています。
 100%のキシリトールガムやタブレットを毎日、1日数回、連続して一定期間、摂取して頂きます。既に虫歯がある場合は治療をしてからでないと効果がありませんのできちんと導入している歯科医院での診査診断、指導のもとに行うのをお勧めします。もちろん当医院では行っております。
 赤ちゃんがおなかに宿ってから始められる予防ケアです。産まれてからについてはまた別の機会にお話しします。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

マイナス1歳からはじめるむし歯予防 続編

 今の子ども達のご父兄の時代は恐らく虫歯の洪水の呼ばれていた頃ではないでしょうか?

誰もが虫歯になってしまうのは当然と思っていた事でしょう。クラスの中に虫歯のない子がいたりすると、珍しがられた、そんな時代を経て今は虫歯は予防できる時代になっています。
 当医院でも虫歯は予防できる歯科疾患として開院当初から啓蒙活動に取り組んでいます。その基になっているのがカリオロジーです。
 虫歯の出来る仕組みがカリオロジーという学問によってわかりやすく、効果的な予防方法が社会的にも普及し虫歯は実際にここ20年の間に減っています。
 1:歯の質を強くする→フッ素製品をホームケア、医院での予防処置に取り入れる
 2:虫歯菌の数を増やさない→2〜3歳までの虫歯菌の感染を防ぐ、糖分の摂取を控える、歯磨きをする、キシリトールの摂取、
 3:虫歯菌が歯を溶かす時間を与えない→食事おやつの回数、時間をコントロールをする、歯磨きをする、などです。
 実際にこれらの予防法を徹底的に取り入れると虫歯にはなりません。信念を持って実行して頂ければ虫歯にならない事は保証いたします。かなり努力も必要です。我が家でも長男が産まれたとき、3歳まではお砂糖の摂取は極力控え、お箸、スプーンの使い回しは絶対にしない様にしておりました。(おじいちゃんおばあちゃんは寂しがりました)幸い仕上げ磨きは嫌がらなかったので苦労しませんでしたが、いつもピカピカに仕上げ磨きをしておりました。"どんな時も"です。
 では、皆が同じ事が出来るかというと、いかがでしょう?ただでさえ育児はやる事も気をつけなければいけない事も盛りだくさん、ですよね。虫歯予防だけに100%のエネルギーを費やすことはできません、ね?
 そこで、虫歯予防を最小限の努力で最大限の効果のあげられるマイナス1歳からのむし歯予防の出番です。
 もったいぶっている訳ではないのですが、虫歯予防を本気でしようとするとやっぱりちょっと大変だなぁ、だから虫歯にまだなってしまう子もいて当然なんだなぁ、とご理解いただきたく前振りをしています。次回、本題に入ります。妊娠中からのケアです。


小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

マイナス1歳からはじめるむし歯予防

 良い歯並び作りに大切なの時期は永久歯が生え始めてからと思っていらっしゃいませんか?

良い歯並び作りの第一歩は健全な乳歯列作りがとても大事です。
乳歯列をきれいに作るために最も気をつけなくてはいけない事って何でしょうか?
まずは虫歯にしない事、です。
 これは、歯並びを意識しなくても皆さん気になるところですよね。どうしたら効果的に虫歯予防が出来るのか、最小限の努力で最大限の効果をあげるには・・・

 歯の生えていない赤ちゃんのお口に中には通常虫歯菌はいません。歯の萌出とともに育児に関わる周囲の大人から虫歯菌は赤ちゃんへ感染します。ですから、育児に関わる大人の方のお口の中の状態は非常にその赤ちゃんの虫歯のかかりやすさに影響を及ぼします。スプーン、お箸の使い回しを避けたり、大人が咀嚼したものを与える事はやはり避けるべきだと思います。
 しかし、一緒に生活していれば全く感染を防げるものではありません。あまり神経質になって家族仲を悪くするのも他の面で支障をきたすでしょう。
 では、どうしたら良いか?

 今年4月に出版された"マイナス1歳からはじめるむし歯予防"という高いエビデンスベースの研究結果に基づいて書かれた本の中にその答えが。。。素晴らしい!の一言につきます。時間を巻き戻し、私も長男の妊娠中に読めればよかったのに、と思いました。

 続きは長くなるのでまた次のブログでご紹介します。妊娠中のお母さん、未来のお母さん必見です。クリニックでもご本の貸し出しはできますので待てない方はお気軽にお声をおかけ下さいね。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ