こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

CLEA

もう少し顎の横幅があったら歯がきれいに並ぶのに、という時に小児期であれば拡大という治療法があります。


拡大には取り外し式のものだと、拡大床というプレートを使用するのが一般的です。通常真ん中に組み込まれたスクリューを回して装置を少しづづ広げ、それに伴って歯列も広げていくというものです。

優れものですが、もっと体に優しい装置を開発されました。チタンワイヤーを使用したCLEAは取り外し式の装置であるにもかかわらず術者が完全に拡大の量、方向を調整できます。また、チタンワイヤーは緩除で持続的な力を与えられます。理想的な力が歯と歯を支える骨全体に効ききます。これはかなり画期的な事です。開発者の先生には小児歯科研究会や複数の矯正研究会でお世話になっており、実際に先生の医院へもお邪魔しこの装置の有効性を数々の症例と主に勉強させて頂きました。当医院でも既に好成績を挙げております。ご興味ある方は是非お気軽にお尋ねください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

多面的対応

矯正治療というのは基本的には永久歯がすべてきれいに並ぶまで、と考えて頂きたいと思っております。永久歯がきれいに並ぶためにはブラケットをつけた治療がどうしても必要になります。


乳歯列の頃から咬合管理させて頂きMFTなども併用しているお子様、不正咬合が軽度のお子様はブラケットをつけずにきれいに並ぶ場合もあります。しかし残念ながら、今のところブラケットレスで仕上げるのは難しいのが現実です。

第一期治療から第二期治療へ移行する際、第二期治療が必要と私どもが判断しても患者様の都合でご希望されない場合も生じてきます。そういう場合も定期検診には是非いらしてください。私どもは歯並びだけを診ている訳ではありません。虫歯予防であったり、歯肉炎の予防であったり、歯並び以外にもお口の健康を保つのに必要なことはあります。歯並び治療を継続されない場合だからこそそういったケアが必要になってきます。いろいろな面で皆様のお口の健康に関わりたいと思っております。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

夜間だけの装置で

矯正治療をためらわれる理由の一つに見た目が悪くなるのが嫌、お友達に見られたくないなど装置が人目につくのが気になるというのが挙げられます。


矯正治療というのは基本的にはブラケットをつけての治療なので全く目立たないことはありません。

矯正治療の前準備として咬合誘導の場合、夜間だけでも改善できるケースはあります。ごく早期の場合(乳歯列期、もしくは永久歯の前歯が数本出てきた頃)であれば咬合誘導で十分という可能性もあります。
矯正治療は嫌といって先に先に延ばしてしまうと、その可能性がなくなるだけでなく骨格的に難しいケースに移行したりします。

歯並びがおかしいかな?と思った時点でご相談いただいた方が賢明です。その上で早期に始める利点欠点をよく検討した上で治療を考えて頂ければと思います。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

今回の地震ではお子様の患者様はもちろん皆様とても不安で恐ろしい経験をされたことともいます。なお余震が続き診療中も揺れがくるとお顔色がかわられる方も。。。


前回くらいの揺れでは当医院は大丈夫です!

クリニックにいらしている間は少しでもリラックスして頂けたらと思います。

玄関ポーチの苺やクリニック内のお花が少しでも皆様のお気持ちを和らげてくれますように。

P1030174.jpg P1030171.jpg P1030170.jpg


小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

14日、通常通り診療しております

 計画停電が首都圏で実施されるとのことですが、今現在清水歯科クリニックのある江戸川区はリストに入ってません。行政からの連絡もないので診療は通常通りさせて頂いております。

節電のため診療室以外の電気は消しております。また、本日は比較的暖かいので暖房を控えております。
 なお、電車や地下鉄を利用される場合は計画停電の影響で本数は大幅に少なく、またダイヤも乱れているようです。運行状況をご確認の上、ご無理をなさらないようにお願いいたします。
 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ご無事を

 本日は通常通り診療いたしました。当医院では予想よりキャンセルの患者様は少なく深刻な被害に遭われた方もなく安心しました。徒歩で帰宅された方は多かったですね。


 一方、時間の経過とともに東北地方の惨状が明らかになり、あまりの惨さにこれが現実かと疑いたくなります。これ以上の被害がでないことを、一人でも多くの命が救われることを、皆様のご無事をお祈りするばかりです。

 今後、被災地の復旧にむけて私たち一人一人がそれぞれの立場でできることを、それぞれの立場でしていけたら、と思います。

 昨年、機能的顎矯正治療を考える会では会場が郡山だったこともあり、東北地方のたくさんの先生方にお世話になりました。その後も懇意にして頂いております。心から皆様のご無事をお祈り申し上げます。どうかご無事でいらしてください。



小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

地震

本日11日、大変大きな地震がありまだ余震が続いております。


私どもは自宅兼診療所ですので院長はじめ皆、篠崎に無事におります。クリニックの器材にも幸い被害はございません。

明日、クリニックは通常通り診療させて頂きますがどうぞご無理はなさらずに地震情報をご確認のうえ、安全が確認できるようでしたらご来院ください。今のところ電話もつながりにくくなっているようです。いらっしゃれない場合もお電話の心配などなさらずに、ご自身、ご家族の安全第一でお願いいたします。

ご予約の患者様もそうでない患者様もお越しになる際はくれぐれもお気をつけてください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療中の歯磨き

 矯正治療中はたくさんの装置がつくので歯磨きが難しくなりますよね。


 でも、磨き残しがあるとどうなると思いますか?真っ先に思い浮かぶのは虫歯ですね。他には?歯肉が腫れる、歯肉から血が出る、そうですね。虫歯だけでなく歯肉への影響もありますよね。

 他には?

 目には見えないレベルのお話しになりますが、磨き残しが多く歯の周囲が不潔になると歯も動きにくくなります。理由は簡単に言ってしまうと歯を動かすために必要な十分な栄養や細胞が炎症(ばい菌と戦う)ために費やされてしまうからです。炎症のため歯肉や歯槽骨は痛むので歯は揺れてきます。でも、意図した方には動かない。ということが起こるのです。

 怖いですね。
 
"虫歯にはなっていないみたいだからいいや"と思っていたらご用心です。

 当医院では矯正治療中の患者様の歯磨きを円滑にサポートするため歯磨き指導でお勧めした歯ブラシや歯間ブラシ、フロスは無料でご提供しています。矯正治療中だからこそ磨き残しゼロで頑張りましょう!


小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

永久歯そろっていない子が一割

 親知らずをのぞく、永久歯28本すべてがそろわない子が小児歯科受診のお子様全体の1割に上ると6日、日本小児歯科学会が発表しました。


 欠損が多い部位としては下の側切歯(真ん中の前歯の隣)、下の第二小臼歯(6歳臼歯の手前の小さい奥歯)と報告されています。

 歯の数が少ないと隙間ができてしまい歯列の連続性が断たれます。噛み合わせが不安定になったり、咀嚼しにくくなったり、また審美性の問題も出てきます。おや?と思われましたら一度ご相談下さい。お子様の成長に合わせて、安定したお口の環境が作れるようにしてあげたいなと思います。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

中学校受験

 高校受験や大学受験の頃には男の子も女の子も、ほぼ永久歯がはえそろい、お体の成長のピークも一段落といったところで矯正治療も受験に合わせて余裕を持って対応できます。比較的柔軟な対応ができ入学式にはブラケットがはずせるように、なんて話にもなります。


 が、中学受験をされるお子様たちのお口は混合歯列期、まさしく混戦状態。乳歯と永久歯が混じり合って、成長のピークを受験勉強中に迎える子も多いです。親子関係も反抗期にさしかかり安定しないこともしばしば。もちろん来院のペースも乱れます。
 
 永久歯が生えてきちゃうな、スペースなくなっちゃう、などやきもきしながら合格の知らせを聞いています。おめでとう。心からほっとしてます。さて、次なる目標は歯並びも合格!ですね。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

 歯ぎしり、噛みしめ

 生え変わりの時期は噛み合わせが安定しないため一時的に歯ぎしりがひどくなることがあります。一過性の歯ぎしりはそう心配しなくても大丈夫です。


 大人になってからも歯ぎしりが続く場合はいろいろなトラブルの原因になります。
歯、歯周組織、顎関節に直接的に害が及びます。
 歯の質の弱い人はどんどんすり減って虫歯のように歯がしみるようになったり、歯肉の近い部分の歯質がえぐれる様にかけてきたりします。
 歯周組織が弱い人は強い力がかかることによって歯の周りの靭帯が緩み、咬むと痛かったり歯が揺れたりすることもあります。
 顎の関節が弱いと顎関節症といって、お口が開きにくくなったり、耳の前の顎の関節部分が痛くなったりします。
 これらが合併しておこることもあります。
いずれにしても歯の寿命を縮めることになりかねませんので、長期間歯ぎしり、噛み締めがあるようでしたら一度ご相談下さい。


小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

 合格おめでとう!

 なにぶん、矯正治療は治療期間が長いので、治療中に高校、大学受験を迎えることも少なくありません。

 受験日が近くなるとやはり気もそぞろになりますし、ワイヤー交換後の違和感で試験に集中できなくなるのを心配したりとルーティンに予約をとって頂いて治療を進める訳にもいかなくなります。
 いろいろなこと配慮しながら矯正治療と受験とを両立させて、嬉しいお知らせを聞くこのごろ。患者様とふれあう時間が多いのでことさら合格のお知らせは自分のことのように嬉しいものです。

 見事、志望校に合格した皆さん、おめでとう!おめでとう!おめでとう!

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ