こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

乳歯がグラグラになると・・・

 咬合誘導中に乳歯がグラグラして触るだけでもいたくなったり、また永久歯がどんどん生えてきたりすると、装置が合わなくなります。

 ご本人はしっかりとFKOを使っているつもりだった患者様。

 装置の使用感(傷つき具合や汚れ具合)が上下でアンバランスなのでまず?と思い、装置の効果も効果の出にくい上顎には変化が認められる割には下顎の方にあまり変化がなく、さらにどうしたのかな?とよく見てみると、乳歯が揺れていて装置をしっかりと入れていられなかったのでした。

 今日の治療は乳歯の抜歯と装置の調整。グラグラの乳歯はあっという間に抜けました。すると中途半端な位置にしか入らなかった装置もしっかり入るようになりました。下顎の誘導の効果を上げるためにちょっと装置に手を加え本日は終了。

 咬合誘導の対象になる年齢の患者様のお口は本当に日々変化が激しいです。3週間ごとの調整でも追いつかないことは多々あります。お子様の様子がおかしいなと思われた時、またご本人が装置の使用感に違和感を覚えた時などはどうぞご遠慮なくご連絡ください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

床装置の効果

     DSCF2709.JPG         DSC_0018.JPG

 

      術前                加療中現在

 床装置の効果は使用時間に比例し目に見えて表れます。お写真の患者様はとても真面目なお嬢様で終日装置を使ってくださっています。重度の出っ歯と小さい顎のため一度、半年間ほど横幅とかみ合わせの改善のため床装置をお入れしました。その後お休み期間を1年ほどとって、さらにかみ合わせの改善と上下の歯のかみ合わせの安定のために現在の装置を入れて4か月です。歯並びだけでなくお顔立ちも改善され、出っ歯感はほとんどなくなっています。ブラケットをつけた治療も予定には入れて加療中ですが、咬合誘導だけで完璧に並べられれば嬉しいなと思っているところです。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

上顎の過成長への対応

       DSCF2706.JPG         DSC_0034.JPG

 いわゆる出っ歯には上前歯が前方へ傾きすぎているタイプ、下顎のの前歯が内側に傾きすぎているタイプのような歯だけの問題のものと、下顎の位置が後ろに下がってしまっているタイプのように上下の顎の位置に問題がある場合、また上顎の位置が頭蓋に対して前方にあるタイプのように骨格の問題などいろいろなタイプに分けられます。

 それぞれ何が問題で出っぱになっているかを診断し装置を選択していかないと効果的な治療はできません。

 お写真の患者様は前歯の前突感の著しい、いわゆる重度の出っぱの患者様です。診断の結果上下の顎の位置のずれだけでなく、奥歯から前の上顎の過成長が認められました。顎の位置の改善とともに上顎の縮小装置を入れての治療中です。奥歯のかみ合わせを健全な位置に保つことで本来は難しい成長をマイナスにコントロールする治療も安全に行えています。

 お顔立ちの変化がすぐにあらわれ患者様もそれを感じていらっしゃると伺い、嬉しく思っています。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

清涼飲料水

今日は初夏を感じさせるような陽気でしたね。暑い日には飲み物を口にする機会も増えます。

さて、問題は清涼飲料水にはたくさんの砂糖を含む糖分が含まれているということです。健康に良さそうなスポーツドリンクもおなかの働きを助ける乳酸飲料も、100%の果汁ジュースも然りです。これらの飲み物をお口にするとお口の中全体がまんべんなく糖にさらされますし、お口の中の環境そのものが酸性に傾き虫歯になり易い状態となってしまうのです。

飲み物が原因で虫歯になるとは想像しにくいのですが直接の原因の一つです。

その点、麦茶はお勧めです。もちろんシュガーフリー、ノンカフェインの上に疲労回復にも効果があるそうです。

これから暑い季節になります、どうぞ冷蔵庫には麦茶をご用意ください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

つぼみが花開くように

日々、矯正相談の患者様とお話しさせていただいておりますが、矯正治療は患者様のお口の状態だけでなく担当する先生の考え方によって治療方針がかなり異なるので患者様も混乱してしまっているように感じます。特に叢生(乱ぐい歯、八重歯)の治療スタートに関しての違いは大きく患者様からの質問が絶えません。

大きく分けて1、乳歯列もしくは永久歯の前歯が生えてすぐから(幼稚園~小学校低学年)

        2、歯のはえかわりの時期の後期(小学校中~高学年)

        3、永久歯が全て生え揃ってから(成人)

の3通りの考え方があります。

当医院では、上下のかみ合わせのずれを伴う叢生、顎の成長を妨げる歯がある場合の叢生に関してはご相談後なるべく早めに治療を開始するようにお勧めします。ただし治療終了までの期間が長くなってしまうので途中経過観察といってお休みの時期をとるようにしています。

顎の位置のずれがない場合の叢生では、比較的ぎりぎりのタイミングまで待って治療を開始することで患者様のご負担を減らせるようにしています。永久歯がどんどん生えてくる時期に適切に治療介入すると必要最小限の介入で最大限の効果が期待できます。

永久歯が全て生え揃ってからの矯正治療は患者様からの強い希望がない限り当医院ではあまりお勧めはしていません。どうしても永久歯の抜歯を伴う本格矯正になることが多いからです。

適切な時期に適切な治療介入することによってつぼみが花開くように顎の成長が促され、歯がきれいに並べられるように、を目標に日々取り組んでおります。

      CIMG2787.JPG

次々に咲き誇っていくバラと芍薬、きれいな大人の歯が生えそろっていくのも同じように感動的です。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

家族会議のすすめ

当院ではいつでも矯正相談は無料でさせていただいております。健診の際や、治療のついでにお話しをされる方が多く、何回もお話しすることもあります。

お子様のお顔、お口を拝見して大まかな治療のお話しをさせていただきます。治療のスタートの目安、咬合誘導だけで済むのか、本格矯正が必要になるのか、抜歯矯正の可能性があるのか、難しいケースか、簡単なケースかは初見で大体のところお話しするようにしております。また、使用する可能性のある装置もサンプルをお見せしたり治療の流れのイメージをつかんでいただけるようにします。

相談後はお子様とご両親様とご自宅でお話しをしていただくようにお願いしています。家族会議の結果、治療を希望されるようでしたら精密検査のご予約を後日とっていただきます。

矯正治療は、患者様にとってもご家族様にとってもいろいろな点で負担がかかります。よくよくお話しあいしていただいて皆様が納得の上で気持ちよく治療をスタートさせた方が治療そのものも円滑に行えます。まずはお気軽にご相談を。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療中の食事ー調整後の痛みがおさまったら 

調整後一週間前後で痛みが治まると、お食事は普通に食べられるようになります。また、何度か調整をしていくうちにその都度のお痛みも少なく感じられるようになってきます。

基本的には何でも食べていただいて大丈夫な時期です。

ブラケットとワイヤーのせいで繊維性のものがはさまり易いし、固いものはやっぱり食べにくいです。野菜は短め小さめにカットし、お肉や魚介類などはスジ切りや裏包丁をいれて、歯ごたえを残しつつ咬み切り易くしておくと美味しくいただけます。咬みにくいからと言って柔らかい食品だけに頼ってしまったり、全く繊維性の食品をとらなくなってしまうのも考えものなので、ひと手間かけてあげてください。また、ゆっくりと良く噛んで食べるのも矯正治療中の食事のコツです。

ただし、衝撃力が加わるような固いおせんべいや、軟骨などはブラケットの脱離の直接の原因になるので避けていただきたいと思います。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

口呼吸

お口の中の筋肉とお口周りの筋肉のバランスのとれたちょうど真ん中の部分に歯は並んでいきます。

主にお口の中の筋肉としては舌が、お口周りの筋肉としては口輪筋や頬の部分の筋肉が正常に機能しているかどうかが大切になってきます。

鼻づまりが原因でいつもお口をあけていると、骨格的には異常がなかったお子様なのに、上の前歯が前の方に傾いた出っ歯になったり、上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう咬み合わせになったりすることもあります。

永久歯への交換期のお子様は特に口呼吸には気をつけていただきたいです。この時期にしっかりお口を閉じて永久歯の萌出方向をコントロールして自然にきれいなかみ合わせができあがるのが理想です。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

乳歯の虫歯

小さいお子様への仕上げ磨きはなかなか難しいものです。歯磨き、ちょっと自信がないなという場合は生活習慣からの予防も考えていただきたいなと思います。

手軽に与えられるアメ、グミ、ソフトキャンディー類は驚くほどむし歯の原因になり易いです。また、飲み物も要注意です。お口の中の環境は糖分をとることにより歯がどんどん溶かされる状態になります。また、アメ類や飲み物はこれらをお口に入れても、歯の表面の見た目の汚れ歯目立たないため、そのままになりがちです。気がつかないうちにお口の中では目に見えないレベルで歯が溶けていっているのです。そう、虫歯が進行しているということです。

簡単に与えられるおやつほどシュガーレスのものを選んでいただきたいなと、切に思います。

歯科医院で取り扱っているシュガーレスのグミ、ガム、タブレット、また最近歯科で開発されたシュガーレスチョコレートなども新発売になり話題を呼んでおります。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療中の食事

ブラケットをつけた本格矯正を始めると、お食事に工夫が必要なことが増えてきます。

まず、ワイヤー交換後は3~4日目をピークに1週間くらいは歯が浮くようなお痛みが出ます。若年者の方が痛みは弱い傾向にありますがそれでも全くないということはありません。この時期のお奨めのメニューは茶碗蒸し、リゾット、ドリア、おじや、など柔らかく舌でもつぶせるようなお食事がいいかと思います。麺類、パン類は実は咬みきるという所作が意外と歯に負担がかかるので、痛みがピークにある時は無理をして召し上がらない方がいいです。

私自身矯正治療の経験者なので、食事に不自由したことよく覚えています。栄養状態が心配であればカロリーメイトなどをと勧められた記憶もあります。が、何とか工夫して調理をしたものの方がおいしくいただけました。お母様(お父様)、ご協力お願いいたします!

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

装置の調整

FKO使用前:咬み合わせが深く下の前歯が隠れてしまっています。

        054.JPG           035.JPG

加療3ヶ月:咬み合わせだけでなく上の前歯の捻転も改善しています。後3カ月程度加療予定です。

          DSC_0048.JPG            DSC_0032.JPG 

 

咬合誘導で使用する装置は患者様のお口にぴったりと合っていなければ効果は半減してしまいます。

態癖や弄舌癖など想定外の力が装置に加わっている場合などは、上手く使えるようになるまでにたびたび調整が必要なこともあります。お写真の患者様は睡眠態癖のため装置に手を加え破損や変形防止に努めました。また、乳歯から永久歯への生えかわりの時期の場合は永久歯の萌出に伴って装置が合わなくなるのでやはり頻繁に調整が必要になります。

お口の中が安定していない時は、ご来院が頻繁になって大変かと思いますが安定して装置が使えるようになると治りも早いです。拝見するたびに良くなっていくのがわかります。装置の使い勝手が気になる時はとにかくご相談ください。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

仕上げ磨きの偉大さ

最近はむし歯予防への関心も強く、おうちの方がお子様の歯のお手入れをしっかりとしてくださるのでむし歯の罹患率は低い傾向にあります。壊滅的だった6歳臼歯のウ蝕罹患率もある年齢までは減少傾向にあります。大変喜ばしいことです。

ところが、残念なことに小学校高学年あたりからカリエスフリーで過ごしてきた子供たちのお口に異変が生じてきます。べったりと磨き残しが永久歯に・・・。仕上げ磨きをしてもらっていた頃はそれでもよかったんです。優しくてしっかり者のお母様がフォローしていてくれてたから、自分でうまく磨けてなくてもぴかぴかつるつるの歯でいられたんです。

お兄ちゃん、お姉ちゃんになったら今までのお母様の仕上げ磨きに感謝しつつ、自分でしっかり磨けるようにならなくてはいけません。

自分の歯の健康は自分で守って行けるように年齢に応じたブラッシング指導をさせていただいています。お口の状況によっては歯磨きのお話が長くなったり回数を重ねることもありますが、正しい歯磨きの習慣というのは一生の財産になります。がんばりましょうね。

 

ちょっと珍しいお色のカーネーション、  母の日はいかが過ごされましたか?P1020585.JPG

我が家の母の日は息子が一本一本選んでくれた個性豊かな花束で盛り上がりました。

P1020699.JPGのサムネール画像    P1020708.JPGのサムネール画像のサムネール画像  

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

咬合誘導

咬合誘導中は、お子様の些細な変化も見逃したくありません。骨格性の反対咬合や上顎前突は成長発育の予測が難しいこと、成長に対して負の方向に負荷をかけなければいけないことなどがあり特にお子様の変化に気をつけなければいけません。

診療台でお口を拝見する前、受付や待合室などでお顔や歩き方、姿勢など普段の様子が大変参考になります。大まかな治療方針は同じですが、それでも成長期の変化に富むお子様の体を扱うため同じ装置を同じ年のお子様に使用したって治療経過は様々です。お子様についてたくさんの情報があった方がより効果的に治療が進められることは言うまでもありません。

ご家庭での様子なども、伺うこともありますがどうぞご協力ください。宜しくお願い致します。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ブラケットレスめざして

004.JPG    009.JPG    DSC_0032.JPG

左:治療前      中央:床装置で拡大と側切歯の前方への誘導  右:加療2ヶ月後

真ん中の隣の前歯が奥まって生えてしまって互い違いになってしまっている歯並びは、大人になってから治そうとすると意外と時間もかかりますし抜歯ケースになることが多いです。

でも、歯のはえかわりの時期にそのような状態を発見し奥まって生えてしまっている歯を上手く誘導してあげることによりとても早く簡単に治ってしまいます。

お写真の患者様は約2カ月であっという間に治ってしまいました。

ブラケットをつける本格矯正を予定に入れつつ経過を見ていますが、ブラケットなしできれいな歯並びを完成させること目指して頑張っています。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

インプラントと矯正治療

         007.JPG   010.JPG

104.JPG      DSC_0017.JPG  DSC_0020.JPG

 上段:初診時

 下段左:スペースクローズ開始前 下段中央、右:スペースクローズ開始3週間後

 部活動中に前歯2本に外傷を負った患者様です。他院にて一本はすでに抜歯された状態でブリッジで補綴され、破損して当医院に来院されました。真ん中のもう一本も保存は不可能な状態です。成長の途中で歯を失ったためか、真ん中の前歯同士の間、および犬歯と小臼歯の間に中途半端な隙間ができてしまっていてます。保存不可能な歯はいずれ抜歯予定ですがその前に骨作りに貢献してもらいます。

 まず、中途半端になってしまっている隙間を詰めて、新しい歯(インプラント)のために必要なスペースを作ります。隙間を閉じる方法としては主にワイヤーを曲げて閉じていく方法と、ゴムの力で閉じる方法があります。今回は移動量がそれほど多くなく、審美性も気になることから透明のゴムでスペースを閉じています。一回の調整で真ん中の隙間は閉じました。糸切り歯は2回目の調整中です。

 それぞれが良い位置に並んだら、歯を支える骨の高さを作るための調整を加えます。抜歯予定の歯でも歯を支える骨作りに利用したり他の歯の移動に利用できるので、可能な限り保存しながら治療を進めることが多いです。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

顎間ゴム

 咬合誘導で使用する取り外し式の装置と異なり、ブラケット治療は術者がコントロールできることがほとんどです。ですから、基本的にはご予約通りに来院していただけた場合、治療の効果など予測がつきやすいです。

 しかし、ブラケット治療中でも患者様のご協力度によって左右されるのが顎間ゴムを使用していただく治療です。ほぼ歯がきれいに並んだ状態で前後的、左右的な上下の顎の若干のずれを治す治療です。

 上下左右の糸切り歯と6歳臼歯にはゴムをかけられるフックがついていて、どれとどれにゴムをかけるか、どのくらいの時間使用するかをご説明します。この時、指示通りに使用していただいていないと、それ自体が患者様にとって良くない動きだから動かないのか、それとも力が弱いのか、時間が短いのかと効果の出ていない理由がわからなくなってしまいます。当医院では、特に顎に負担のかからないように弱い力で調整を進めておりますので顎間ゴム使用に関しての自己申告はどうぞ正確にお願いしますね。正確な治療効果の判定のためにもご協力ください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

咬合誘導

八重歯の改善を主訴に治療を開始した患者様ですが、最も細いサイズと言われているワイヤーを前回セットしました。いわゆるレべリングを開始したばかりです。でも、咬合誘導にて犬歯が入るだけのスペースが確保されているのでするするっとこのスペースに向かって犬歯は移動してきています。犬歯の萌出のタイミングに合っていること、スぺースがすでに確保されていることを満たしているとブラケットをつけた治療でさえも咬合誘導と呼べるような、とても自然な歯の動きが見られます。

ブラケット治療はとてもドラマチックに歯が動く半面、準備不足だとなかなか治らなかったり、動かしたくない歯のほうが動いてしまったりします。本格矯正の前に前準備として当医院では床装置や3Dリンガルシリーズを使用することが多いです。気になる部分に初めから装置がつかないこともありますがご心配しないでくださいね。急がば回れ、なんです。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ