こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

骨格性の歯列不正

骨格性の反対咬合のお子様の治療には下顎の成長を抑制する、負のコントロールが必要になります。

下顎が前下方に過成長しないように顎を外から抑えます。成長をマイナスの方向にコントロールするというのは、危険も伴います。大きな力を間違った方向にかければ健康を害する恐れもあります。しかし、審美的理由から受け口の治療を希望される患者様がほとんどなので、過成長を抑制して自然なお口元を作れるようにこのように顎外からも治療をしていきます。ただし、無理のない範囲でが基本です。

矯正治療の目的には審美面に重きがおかれがちですが、審美のみに偏り健康を害してはそれは医療ではなくなってしまいます。審美的な問題が骨格に起因する場合は患者様にも非外科処置による咬合誘導、歯列矯正での限界についてご理解いただきたいなと思っています。ケースによっては非抜歯、非外科処置が必ずしも安全というわけでもないのです。

きれいな歯並びイコール健康なお口を作ることー何よりも大切に思って日々治療に励んでいます。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

皆で頑張りました

               P1020591.JPG

      FKO:歯列だけでなく歯肉の部分にも装置がかかるので広い範囲での

         正確な型どりが必要な装置です。

お口の型どりが難しく大変だった患者様の装置のセットを先日無事にいたしました。

嘔吐反射が強く、ご本人も型どりにとても不安な様子。既成のトレーでトライした時は衛生士が時間をかけて患者様の気持ちの準備とお口の準備をしながら歯型をとりました。が、大きな既成のトレーでは限界がありました。

でも、最初の歯型は決して無駄ではありません。これによって診断が可能になりましたし、この歯型を元に小さめのこの患者様専用のトレーを作ることができました。

装置作成用の歯型もこの小さいトレーできれいにとれたので、正確な装置も出来上がりました。嘔吐反射の強いことを考慮して装置の形態もあらかじめ工夫したりチェアサイドでも修正も加えました。

いろいろな患者様がいらっしゃいます。少しでも、ご負担少なく効果的な治療ができるように皆で頑張っています。

ご心配なことや、嫌だなぁと思うことなるべくお伝えください。できる限り対応したいと思っています。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ブラケットセット

 

        DSC_0032.JPGのサムネール画像  DSC_0006.JPG

先週:歯肉が赤く腫れています。     今週:ピンクの引き締まった歯肉になりました。

先週、歯磨きの問題があってブラケットがつけられなかった患者様。

この一週間は頑張ってくれたようです。歯と接している歯肉がピンク色になりました。本当に歯肉は正直です。

今日、ブラケットセットは無事にいたしました。

こちらの患者様は八重歯になりそうな歯の治療が主訴で加療しています。拡大も順調に進み、糸切り歯のスペースは十分できたので歯並び治療に関しては心配していません。治療中のカリエスの発生を防ぐことの方が大変かもしれません・・・脱灰といって虫歯のなりかけがある歯も見られます。

この一週間頑張っていただいたように、今後もしっかり歯磨きをしてもらいたいと切に願いながらのブラケットセットでした。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お花見

P1020594.JPG     P1020597.JPG

 サクラの開花宣言もあったというのに冬に逆戻りのような寒さ・・・

一足早くではありますが、患者様にお花見を楽しんでいただければと思って飾ってみました。

治療のついでに、四季折々のお花を楽しんでいただければ幸いです。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

卒業記念写真

DSC_0082.JPG    DSC_0084.JPG

 卒業シーズンですね。当医院でも、たくさんの患者様が小学校や、中学校、高校を卒業されました。おめでとうございます。

 こちらは小学生の間、カリエスフリーで過ごしてきた患者様。第二大臼歯の萌出も始まりいよいよ永久歯列が完成しそうです。カリエスフリーの永久歯列を卒業記念写真にと思って、口腔内撮影をさせていただこうとしたらに?!?!、大変!前歯の歯と歯の間にうっすらと白い影。脱灰しています。

 カエスフリーでずっと過ごされてきたお子様方もなぜか小学校高学年から中学生ころになると、虫歯のなりかけを検診で発見することが増えます。特に前歯の歯と歯の間、歯と歯肉の境に浅く広い虫歯のなりかけができることが多いです。

 永久歯列はそれこそ、ご自身がご自分の力で守っていかなければいけません。今まで虫歯のなかったお子様も、油断せずにずっときれいな歯でいられるようにご一緒に頑張りましょう。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

永久歯の先天性欠損

 

 永久歯の先天性欠損は30~40%の患者様に見られるとの報告もあります。親知らずの欠損がそのうちの20~25%を占めるとのことなので歯列を完成させる上で必要な歯の欠損は10~15%程度でしょうか?下顎6歳臼歯の手前永久歯や糸切り歯の手前の前歯の欠損がこれにあたります。

 下顎の前歯が4本あるはずなのに3本しか生えてこない場合ほとんどん患者様は気がつかず問題なく並んでいることが多いようです。

 問題は6歳臼歯の手前の小さい奥歯ですね・・・乳歯が残っていて使えるようなら可能な限り保存します。成長が止まり顎の大きさが定まってから最終的な治療方針を決めるようになります。

 乳歯が虫歯で残せないような場合は抜きっぱなしにしないこと。これはとても大切です。抜きっぱなしにしておくと大切な6歳臼歯がどんどん手前にん斜めに傾いてきてしまいます。斜めになってしまった歯はお掃除がしにくくなりますし、傾いた側の歯と歯肉の間に溝ができやすくなります。むし歯にも歯周病にも罹り易くなります。

 大切な6歳臼歯の位置を適切に保っておく処置は比較的簡単な装置でできます。是非、お気軽にご相談ください。

 

 

 


 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

矯正治療後も・・・

歯の動的治療も終え、整った永久歯列が出来上がるといよいよブラケットをはずしていくことになります。

が、ブラケット除去後も新しく得られたかみ合わせに合わせて、歯肉や骨が落ち着くまでは保定という処置が必要になります。治療後何年かは、後戻りといって、歯並び治療をする前の歯並びの戻ろうとする力が働きやすいので、取り外し式の装置などで歯の位置が変わらないように保定していくわけです。一般的には歯を動かしたのと同じくらいの期間を保定期間とすることが多いです。

当医院では、治療終了時に歯型、セファロ写真、口腔内写真など資料どりをし治療の評価をすると同時に、後戻りが出た際や新たな不正咬合が発症した際の評価のためにもずっと保存をしています。

せっかく歯並び治療をして整えた歯並びが崩れてしまわないように、良い歯並びを保つために気をつけていただきたいことなど出来るだけお話しし、お伝えするようにしています。

矯正治療を頑張り通して得た整った歯並び、大切に一緒に守って参りましょう。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ブラケットセット、でもその前に

       DSC_0027.JPG           DSC_0032.JPG

 3Dリンガルアーチ、クワドへリックスと拡大も順調に進み、ブラケットセットの日をいよいよ迎えた患者様。難しいお年頃に差し掛かっています。

 TBIとクリーニングに時間がかかっています。???おかしいなと思って担当衛生士の話に耳を傾けると、どうも歯磨きがよくない様です。こちらの患者様、拡大中もTBIをしているのですが今一つ、歯磨きへのモチベーションがあがらないようで・・・クリニックにいらっしゃる直前だけ歯磨きしてくる様子を真っ赤な歯肉が教えてくれています。磨けないわけではないので、その気にさえなれば、という感じです。

 ブラケットをつけると汚れはたまり易くなるので、日々の歯磨きを怠れば虫歯にすぐなってしまいます。

 考えた末、6前歯だけにブラケットを今日はお付けして、どれくらい磨けるか挑戦してもらうことに。

 今日の歯肉の状態をお写真に撮りました。

来週はブラケットセットなるか・・・頑張ってほしいものです。

 

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

離乳の進め方

昨年12月に英国の咬合誘導の大家であるDr. John Mew先生の日本でおそらく最後になるであろう講演があり拝聴しました。

たくさんの貴重なお話のなかでも、御歳80歳にもなるDr.Mew先生が離乳食について熱く語られたのが印象的でした。

赤ちゃんを焦らせては、だめだよ、と。

月齢別の食べ物の硬さなどは育児書に譲るとして、良い歯並びを作るための離乳食の与え方は、

"どの段階でも、赤ちゃんがゴックンとお口を閉じてしっかり飲み込み、次の一口をとるための準備ができるまで、待つ!"です。

次から次へと赤ちゃんのお口に食べ物を押し込むと、食べ物を流し込んで食べる癖がついてしまい、お口の形態も機能も発達しない結果、不正咬合が引き起こされる、と。母乳云々以上に先生は注目していらっしゃると伺い、なるほどなと思いました。

お母様も赤ちゃんも余裕を持って食事を楽しむ、あたり前のことが不正咬合の予防にもつながるのだなと改めて日々の生活習慣の大切さを感じました。

皆さま、今日のお食事はゆとりを持って楽しく召し上がっていただけたでしょうか?

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

0歳からできる良い歯並びづくり

免疫学的にもメンタル的にも経済的にも(笑)母乳で赤ちゃんを育てる利点はたくさんあります。

歯並びに関しても口腔周囲筋をしっかりと発達させるという点で母乳の方が勝るのは当然といえば当然。そうやってお口を発達させるように、もともとお母さんの体も赤ちゃんの体も作られているわけですから・・・

でも、いろいろな理由から母乳で育てられないことだってありますよね。

口腔周囲筋を鍛えることに限っていえば、代用できるものがあります。まず、さかさまにすればミルクが出てくるような哺乳びん用の乳首は控えてください。ヌーク社の乳首はその点お勧めです。ミルクを飲むのに時間がかかります。が、口腔周囲筋を健全に発達させるという点で非常に優れています。

また、赤ちゃんの体力や体重の問題でこちらの乳首での哺乳は健康状態が心配という場合は同じくヌーク社のおしゃぶりに挑戦してみてください。

良い歯並びづくり、できることから始めてみてください。

 

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

装置の調整

床装置を使用していただいている際、乳歯がぬけたり永久歯が新たに萌えてきたりして装置のフィットが悪くなるなんてことは日常茶飯事です。お口の中がダイナミックに変化する時期を治療の対象にしているので必然的にそうなります。しかし、どんなに素晴らしい装置でもお口の現状に合っていなかったら効果は半減、どころか悪い方に作用することも・・・

何かとこまめに装置の調整をすることによって最大限の効果が挙げられます。

お口に装置を合わせながらピッタリ!にしていくのです。プラスチックをお口の中で直接、固めての調整はにおいと味が悪いと評判は悪いのですが・・・でも、調整後ぴったりとご自身のお口に合ったものの方が使い心地が良いのも患者様はご存じのようで、皆さま頑張ってくださっています。

装置の使い心地がおかしいな?と思った時はお早めに、ご来院くださいね。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

赤ちゃんは歯磨き好き?!

baby1.jpgのサムネール画像のサムネール画像   baby2.jpgのサムネール画像

赤ちゃんの歯磨きについてよく聞かれます。嫌がって思うようにできないです、と。

でも、それはとても当たり前のこと。

食べ物以外のものをお口に入れられるのは誰でも嫌ですよね。赤ちゃんも一緒です。

一方、赤ちゃんって何でもお口に入れたりしゃぶったりするのは好きですね。大人の真似も大好きですね。これを利用しない手はありません。

まず赤ちゃん用の歯ブラシをおもちゃとして与えてみてください。そしてお母様がご自身の歯磨きしてみてください。真似てくれればしめたもの。少しづつお母様が手を添えて歯磨きっぽい動きをしてみてください。すぐに真似しなくても、お母様に歯ブラシを触らせてくれなくても心配ありません。本格的な仕上げ磨きが必要になるまでは時間はたっぷりあります。歯ブラシをお口に入れる習慣作りから始めましょう。

赤ちゃんのお世話は何かと思い通りにいかないことが多いもの。お母様にも赤ちゃんにもストレスにならないように楽しく歯磨きしていただきたいです。

ご自身の歯のケアどころでなかったお母様のお口も健康になるし一石二鳥ですよ!

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

歯並び治療と定期検診

半年間ほど拡大床にて上顎の拡大をしてきた患者様。床装置は今日で卒業です。

拡大中に乳歯はすべて抜けました。永久歯がどんどん萌出してきましたので3Dリンガルアーチを入れて6歳臼歯の向きや位置のコントロール後、3Dクワドで永久犬歯のスペースづくりをもう少しします。

この患者様は永久歯への萌えかわりが予定より早くはじまり、予定開始時期より1年ほど早く治療を始めました。ずっと検診にいらしていただいていたので、このタイミングを逃さずに始められました。無理なく自然な拡大ができています。

当医院では定期検診を積極的にお勧めしています。検診のお知らせのお電話をご希望の患者様にはしております。また検診にて虫歯のなかったお子様には"頑張りグッズ"を差し上げています。虫歯予防だけでなく歯並び治療のタイミングを逃さないためにも是非、お気軽に定期検診にいらしてください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

歯科衛生士というお仕事

担当衛生士とのMFTと発音訓練の終了時、元気な声で"ありがとうございました"という声が奥のブースから聞こえてきました。"えっ、私に?"と一瞬、戸惑った様ですが、嬉しそうにそれに応じてる衛生士の様子。本当に彼女は頑張っていますので患者さまからの今日の一言は何よりうれしかったと思います。

衛生士たちに"ありがとうございます"とお声をかけてくださる患者様に感謝!!いつもありがとうございます。

彼女たちはとっても頑張っています。衛生士は歯科医師以上に患者様の近くに寄り添って、患者様をサポートする機会が多いです。そんな彼女たちの努力が正当に評価されるのをみると私もとても嬉しい気持ちになります。

質の高い歯科医療を提供するためには、なくてはならない存在である歯科衛生士。

歯磨き指導、MFT、歯のクリーニング、サリバテスト、その他の諸検査、お口の型どり、写真撮影etc

どうぞこれからも彼女たちの活躍を見てあげてください。

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

気を抜かず最後まで

 何人かの患者様はブラケットをつけた治療が終わろうとしています。歯並び治療の最終段階です。

 ブラケットをつけて一本一本の歯を動かし始めると患者様にも歯が並んでいき様子がはっきりとわかります。動かし始めはどんどん歯並びが整っていくので患者様が治っている!と実感していただける時期でもあります。この時期をレべリングといいます。歯と歯のでこぼこ(唇舌的、長さ的)を整えて一連のアーチを作る段階です。

 患者様からみるとレべリングが終わってしまうと、特に非抜歯矯正では治療が終わったように見えてしまいます。確かに並んではいるんですが・・・でも実はこの先の細かいかみ合わせの調整が大切です。しかし歯の傾き加減の調整だったり、上の歯が下の歯にかぶる位置や角度の調整だったりするので患者様からはわかりにくい動きになります。だんだん矯正治療を始めた時の気持ちの新鮮さもなくなってくるころです。また年齢的にも中学生のお子様くらいが対象になるので、部活や勉強にも忙しく、精神的にも難し時期に重なります。ご来院間隔がまちまちになることも。でも、もうひと頑張り。

 仕上げの時期にもう一度最終確認のための歯型とり、頭部X線規格写真をとったりして最終的なゴールまで何を改善しなければいけないか、ご自身のかみ合わせの現状を実感していただけるように、できるだけわかりやすくご説明するようにしています。最後までがんばっていただけるよう担当衛生士も一生懸命サポートしております。最後まで、気を抜かずにきれいな歯並びを完成させるためご一緒に頑張りましょう。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

前歯の隙間

028.JPGのサムネール画像のサムネール画像    DSC_0006.JPG

sukippa.JPG

上左:成長の過程で自然に閉じるであろう隙間

上右:上唇小帯が歯と歯の間に入り込んでいるので要外科処置

下:左上の側切歯が矮小歯のため矯正治療したのち要補綴治療

 

歯と歯の隙間があいているのですが...とご相談受けることよくあります。

上の真ん中の前歯の歯と歯の間の隙間は目立ちますし、永久歯への交換期の初期(小学校低学年くらい)は歯並びが特に汚くなりそうに見える時期でもあります。矯正用語ではこの時期をUgly Duckling Stage;みにくいあひるの子の期間、などと呼ぶくらいです。

では、実際に加療が必要な隙間のある歯並びと、自然に閉じるであろう隙間のお写真の違いを見比べてください。真ん中の歯と歯の間にスジがはいりこんでいるような場合は成長とともに自然に閉じるのは難しいかと思います。また矮小歯がある場合も歯の大きさそのものが小さいため隙間が残って歯並びが完成する可能性は高いです。舌癖がある場合は歯並び治療しても隙間がまた空いてくる可能性があります。

原因によって治療の必要の有無から、治療の種類までかなり大きく変わってしまうのがすきっ歯の特徴です。お子様の歯で気になるようでしたらお気軽にご相談ください。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

抜歯or非抜歯矯正

  DSC_0013.JPGのサムネール画像

 お写真の患者さまは八重歯でもなく叢生でもありませんが側方への拡大をしています。理由は真ん中の前歯2本にあります。まだ小学生のお子様ですが主訴は審美障害です。上前歯の突出感が気になるとのこと。精密検査の結果でも明らかに上顎、上前歯ともに突出傾向が大きいです。

 永久歯が全て萌出していますのでマルチブラケットによる治療になります。しかしそのままブラケットをつけワイヤーで並べていくとすぐにきれいなアーチにはなりますが、後方にスペースがなければ突出している真ん中の前歯に沿ったアーチになると可能性の方が高いです。上顎も突出傾向にあるので出ている前歯2本に沿った歯並びは患者様の主訴を改善するどころか2本だけでなく前歯全部が出っ歯になってしまった!ということになりかねません。

 そうなんです、この患者様の場合はできるだけ抜歯を避けるため、スペースづくりとして側方への拡大を試みているところです。その後レべリングで歯の並びを整えて再評価します。この時点での突出感の改善具合によっては抜歯矯正も念頭に入れての治療になります。できれば抜歯は避けたい...でも、口もとの審美的な改善も矯正治療の大切な目的で無視するわけにはいきません。患者様にもご満足いただけるような前歯のリトラクションをして無事に非抜歯矯正で仕上げたいと考えています。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

八重歯の治療

034.JPG    042.JPG

     術前

 

DSC_0018.JPG   DSC_0020.JPG

         加療4か月

大人の糸切り歯が他の歯より上の方にはえてきてしまった場合、スペースがないとそのまま八重歯になってしまいます。八重歯になった状態で全ての永久歯がはえてしまうと非抜歯での矯正治療は難しくなります。歯を並べることはできるのですが大きな糸切り歯を無理やり歯列に入れてしまうと歯列は前方に広がった状態、もしくは前歯が前方に傾斜した状態で並んでしまいます。いわゆる出っ歯のお口になってしまうわけです。それを回避するために一般的には八重歯の隣の小さい奥歯を抜いて歯並びを整えていきます。

顎の成長が期待できない大人の場合は出っ歯になるのを回避する審美的理由から、また顎の骨の中にきちんと歯の根っこを納めて並べるという理由からも抜歯矯正は必要になります。

当医院で加療中の八重歯(orになりそうな)の患者様は抜歯をせずに、でも出っ歯にならないように細心の注意を払って加療しています。乳歯が多く残っているときには拡大床を使用し、乳歯がほとんど残っていない時はこの3Dリンガルとクワドを使用することによってスペースをつくり、できたスペースを無駄にしない用に維持しながら全ての歯をきれいに並べていきます。お写真の患者様は4か月ほど3Dリンガルアーチと3Dクワドへリックスでスペースづくりをしました。八重歯になりそうな歯も無理なく歯列に参加させられそうなのでいよいよブラケットをつけるお約束をしました。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

十人十色

矯正治療を希望されている患者様の一回目のコンサルテーションにてー

患者様は8歳、精密検査を行い咬合誘導でディープバイトの改善と上下顎前歯の傾斜の改善をそろそろ始めることになりました。嘔吐反射が大変強い患者様なので、床装置2種のほかに2×4というブラケットをつけて治療する方法もご提示しました。この方法だとお口全体の歯型とりの必要もありませんし、装置も唇側にしかつかないのでご負担は少ないかと選択肢の一つに入れました。事前に担当衛生士とも話し合ったのですがおそらく床装置は倦厭されるだろうという予想だったのですが・・・

患者様はお友達に矯正装置が付いているのを見られたくないという理由でブラケットをつける方法は最もNG,夜間のみで済むFKOをはっきり希望されました。

FKOの最適応症であるのでまずはFKOでトライすることになりそうです。

床装置よりブラケット治療を好まれる患者様もいれば、今日の患者様のようにその逆もあり・・・大人の患者様だけでなく、お子様だってそれぞれにご希望は違うことを改めて感じました。治療効果が変わらないものであれば、ご希望に沿った治療法をご提示できるように心がけています。ご相談の際は是非、いろいろなお話を伺わせてください。ご希望に添えること、医学的に無理なこと、ご一緒に考えてより良い治療を進めていきたいと考えています。

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

3歳までにできる虫歯になりにくいお口作り

虫歯は虫歯の原因となる細菌によって発症します。ですから、虫歯菌が少ないお口を作ることによって効果的に予防ができます。

虫歯菌は赤ちゃんの歯がはえると当時にお口の中にすみつき始めます。どこらかやってくるかというとお母さんやお父さん、育児に関わっている方々のお口からです。スプーン、フォークは赤ちゃん専用のもを使ってあげてください。また最近はあまり見かけませんが、大人が咬んで柔らかくしてあげた食べ物を赤ちゃんに与えるのも避けていただきたいなと思います。また、お砂糖を含んだ飲み物、おやつの摂取を極力控えていただくことも大切なポイントです。

甘いものを控えるのは難しいと思われるかもしれませんが、味覚の発達しきっていない小さなお子様は果物など自然な甘さのものを本来は好みます。アメやチョコレートなどの甘さは刺激的すぎるのです。(・・・とはいえ、一度覚えてしまうと欲しがりはしますよね。)ただ3歳までに虫歯菌の量は決まってしまいますので3歳までに頑張っていただけるとその後の虫歯菌との戦いは有利です。逆に3歳までに虫歯が多発してしまった場合、虫歯予防はよりシビアになります。赤ちゃんに限って言えば歯磨きで虫歯のコントロ-ルをするよりは甘い物の摂取を控えたり、食事とおやつの時間と回数を決めて虫歯菌が増えない環境づくりをする方が虫歯予防には効果的かと思います。

3歳までに一生を通じて虫歯になりにくいお口作りができるなら、ちょっと頑張ってみる価値あると思いませんか?

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

咬合誘導でできること

DSCF2721.JPG DSCF2735.JPG DSCF2730.JPG

初診時

DSC_0022.JPG  DSC_0028.JPG DSC_0030.JPG

1年8カ月加療 現在

 おなかの中に赤ちゃんを授かったその時から、子供の成長というのはとにかく楽しみなもの。生まれてからは特に"這えば、立て、立てば歩け"というように早く成長していく姿を見たくなるものです。

 こちらの患者様も真ん中の大人な歯がはえて、隣の歯もはえて"立派な歯が出てきた!"と喜んでいるうちはよかったのですが、あれよあれよという間に小臼歯まで・・・3年生では早すぎる永久歯への交換です。顎の大きさはまだ準備ができていません。しかも歯のサイズも平均より大きいです。普通なら抜歯矯正を考えたくなってしまいます。

 でも、ちょっと待った!!まだこの患者様の顎には成長発育の余地が残っています。顎の成長と永久歯へのはえかわりのタイミングがずれてしまっているだけです。もちろんこのままの状態で顎の成長を待っても歯の方がどんどん萌出してくるのできれいには並びません。こういう時こそ、咬合誘導の本領発揮です。歯の萌出方向を考慮しながらゆっくり拡大します。すると顎の骨も一緒にそちらの方向に成長します。こうすることによって十分な顎の骨を確保しながら正しい位置へ歯が萌えそろうように準備ができます。

 現在は下顎は全ての永久歯が萌えたのでブラケットをつけ細かい歯並びを整えています。上顎はまだ未萌出の歯があるのでゆっくり拡大しながら自然に萌えてこられるだけのスペースづくりをしています。ここまで来ると一安心、上顎も下顎も抜歯ケースにはなりません。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

アライナー VS マルチブラケット

 

031.JPG  001 (2).JPG

術前とクレア装着時

DSC_0015.JPG

5か月加療、現在

下顎前歯部の叢生の改善をクレアという取り外し式の装置で加療中の患者様。

下顎の横幅を改善することで前歯部分にスペースを作りきれいに並べられるようにしています。前歯には力を加えていませんが横幅を広げただけで叢生が改善されているのが分かります。

では、横幅の改善なしでいきなりブラケットをつけるとどうなるでしょう?重なり合った前歯が並ぶためには前方に広がっていくしかありません。前の方に歯が動いてよいケースであれば意図的にそうする場合もあります。しかし、下顎の唇側の骨幅は薄いのでここに無理やり歯を並べていくと骨から飛び出たところに歯を並べてしまいかねません。いずれにせよ準備なしでブラケットをつけて歯を動かすのは歯と歯を支える骨の健康を考えると危険です。拡大、抜歯、ディスキング(歯を削って小さくする)などのスペースを確保する準備がとても大切になります。

さて、スペースの確保もできましたので、患者様に次のステップであるアライメントはどの方法がいいか伺いました。クレアをとても頑張って使っていただいているので、アライナーでも治せるなと思っていました。

しかし、患者様はブラケットによるアライメントを希望。一瞬?!と思いました。もちろんブラケットでの歯の移動の方が今のところ確実ですし治療期間も短くて済みますのでこちらの方がお勧めです。ブラケットが嫌で矯正治療をためらう患者様が多いのでついつい、ブラケットレスの方が喜ばれるのかなと思ってしまいますが取り外し式の装置でも患者様へのご負担になることにはかわらないのだなと、改めて思いました。

本日のアライナーVSマルチブラケットはマルチブラケットに軍配が上がりました。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ