こどもの矯正日記

症例だけでなく、小児矯正に関する情報を発信いたします

ファンタイプ拡大

          020.JPG            DSC_0027.JPGのサムネール画像              

         写真24.JPG              DSC_0015.JPGDSC_0015.JPG

                         <術前>                                        < 5カ月経過の現在>

 歯の大きさと顎の大きさの不調和から来る叢生です。永久歯への萌えかわりが早くその割に上下とも顎の大きさの成長は追いついていません。歯の大きさそのものはそれほど大きいわけではありません。ここまで叢生がきつく、顎の大きさが現時点で小さいと抜歯症例になってもおかしくはありません。

 しかし、顎が小さいための叢生は咬合誘導で抜歯を避けられる可能性の高くなる、いわゆる小さいときから治療を始めるメリットを活かせるケースです。まだ上顎の成長が期待できる年齢なので、まずは上顎の拡大から始めました。ブラケットをつけての本格矯正も含めての治療計画をご了承いただいているので、下顎は拡大装置は付けずに経過観察しています。現在5か月が経過して、その間に上顎乳歯はすべて自然に永久歯に交換しました。そのためますます叢生はきつくなるはずのところでしたが、拡大がしっかりされているので逆に叢生はほどけてきています。とくに拡大したいのは犬歯間で臼歯間は拡大する必要ないのでファンタイプといって前歯部分を拡大する装置を使用しています。V字型にとんがった歯列をU字型に整えます。

 まだ治療途中ですが、5か月間で順調に拡大は進んでいます。装置をつけていない下顎も上顎に呼応して大きくなっているのが分かるかと思います。今後は犬歯の萌出スペースを作り、顎の位置関係を是正します。その後は永久歯が全てきれいに萌えそろってブラケットがつけられる時期までは経過観察になります。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

舌って大切

         DSC_0011.JPG    004.JPGのサムネール画像

  <舌小帯異常のふた症例です。どちらも舌小帯が自然に吸収されずに太いままです。お子様のお口と比べてみてください。>

 いつも元気に定期健診に来てくださるお子様。た行とさ行の発音がはっきりせずおや?と思ってよくよくお口の中を見てみると・・・舌とお口をつなぐ筋がとってもしっかりしていて上あごに舌をしっかりつけることができないためにうまく発音できなかったのです。お話しをよくよく聞けばお母様もご本人も悩んでいたとのこと。本来ならば舌小帯の切除が第一選択肢なのですが、お母様が同じような舌小帯であるにもかかわらず発音障害はないこと、また年齢的にもMFTの効果が期待できる時期であることから、舌小帯を伸展させるトレーニングをしながら発音トレーニングをしてみることにしました。トレーニング用の手帳をお作りして楽しみながら発音の改善に向けて頑張っていただいています。今日は2回目のトレーニング。とっても上手にメニューをこなし得意顔。お母様から、”あっ、言えてる!”なんて喜びの声も伺えて、外科処置に至らず早期に改善できればないいなと、切望しています。

 舌小帯が自然に吸収されずに歯並びや発音に悪影響が出ることは少なくありません。た行、さ行の発音がはっきりしなかったり、下の前歯に大きな隙間があるような歯並び、下の歯列が前に出ているような場合は舌小帯の異常があるかもしれません。基本的には外科処置をお勧めしています。だたし、10未満のお子様だとMFTの効果も期待できます。もし気になるような症状をお持ちでしたらご相談ください。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ありがとう!

       DSC_0011.JPG                            0010.JPG   

     <加療 5か月>                  <初診時>

 現在反対咬合の治療で上顎の拡大中の患者様です。左が5か月加療した現在、右が初診時です。当医院でセカンドオピニオンとして矯正治療相談を受けた時は、外科矯正をするしかないと診断された後でかなり精神的に追い詰められてしまているように感じました。多数の上顎乳歯を虫歯で失っているために上顎の劣成長があり、まずは上顎の成長を促進させるため、前方牽引して早期に前歯の反対咬合を改善しました。

 現在、横幅の拡大に入りました。上顎の成長のタイミングを逃したくなかったので、咬合誘導を優先し主訴の改善をしてからのカリエス処置などとなっています。今回の治療は半年をめどにしているのでもうしばらくしたら経過観察の期間に入ります。しかし、下顎の過成長の抑制も必要なケースなので身長の伸びを一つの目安としてお母様と協力体制をとりいつでもチンキャップが使えるように準備中です。顎外装置を使用しなければいけない症例ではありますが、日中は装置を付けずに済むから大丈夫と言ってくださって、5か月が経過しました。非常に経過は順調です。

 咬合誘導でいつも感じるのは患者様のご協力を得られるかどうかで治療の成否が分かれるということです。そういう点では治療の担い手は患者様ご自身です。私たちは装置がもたらす効果をご説明しモチベーションを高めたり、少しでも使いやすい装置を設計したりという形でしかお手伝いできません。時にはブラケットでの治療のようにこちらでコントロールできない歯がゆさを感じることも・・・ですからこうして装置を使ってくださって結果を出してくださっている患者様には本当に頑張って使ってくれてありがとう!という気持ちでいっぱいになります。

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

かみ合わせの不正

写真30.JPGのサムネール画像   035.JPG   写真63.JPG

 かみ合わせの不正で是非、早めにご相談いただきたい症例の一つをご紹介します。

 出っ歯の一種なのですが奥歯でかんだ時に上前歯に下前歯か覆いかぶさってい見えないようなかみ合わせです。この場合、原因が上顎の過成長の場合、成長発育を抑制的にコントロールすることで良好な治療成績があげられます。上顎の成長のピークは10歳前後です。このころまでに上顎の過成長をなるべく抑え、下顎とバランスの取れる位置に誘導してあげるとその後の本格矯正が必要なくなったり、最小限で済むようになる可能性が高いです。一方、上顎が過成長してしまった場合大きなものを小さくするには…そうです外科処置や、抜歯をして顎を小さくするしかなくなってしまいます。

 日本人は比較的出っ歯に関して寛容という国際比較データがあります。このためか、八重歯や乱ぐいの場合は早期にご相談いただけるのですが、歯並びは悪くない出っ歯の場合はご相談いただいた時点ですでに重度の上顎前突になってしまっていることが少なくありません。

お子様のお口と比較してみてください。もし似たようなかみ合わせでしたら是非ご相談ください。

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

受験生

          047.JPG   048.JPG

 巷では受験シーズンですね。もう何年も前になりますががむしゃらに頑張って勉強していたように思います(笑)。

 今日の患者様。とっても頑張り屋の受験生。秋までは運動部で活躍していたので受験勉強のスタートが遅れたこと気にしています。以前部活動中に上前歯に外傷を負い他医院にて抜歯に至っており、欠損部はインプラントをご希望ですが、すでにインプラントを埋入するだけのスペースがなくなっていました。また下顎前歯の叢生も気になるとのことで矯正治療含めたトータルトリートメントをご提案し、治療開始になりました。

 受験勉強中はなるべく勉強の妨げにならないもの、またお手入れが簡単なものがベストでは?とご本人と話し合い何種類か同じ効果のある装置から今のタイプのものを選択し加療しています。(最初に入れたものはどちらも3Dリンガルアーチで写真のものよりシンプルです。)ちょうど3月くらいにはこの装置での治療は終了しブラケットをセットする予定です。前準備としての拡大を今のうちにしておけばブラケットをつけてからの治療期間も短縮できるので一石二鳥(?!)

 是非是非、ラストスパート、集中して頑張っていただきたいです。(当医院で矯正治療された患者様で某T大に見事現役合格した子もいます!縁起担ぎになるかな?)

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ホームケア

 当医院ではお子様の一般治療もしております。

 ですから、虫歯の治療終了後やもともと予防に興味を持って定期検診に通ってくださる患者様も多いです。お子様の歯並びが気になったお母様は定期健診の時に気軽に相談してくださるので大変ありがたく思っています。歯並びが悪くなりそうで心配だけど、治療開始時期には至らない、もしくは歯並び治療までは考えていないという時に必ずいただくご質問ー何か(家庭で)できることはありませんか?

 ありますよ~。

 お子様の年齢や症状によっても指導の内容は異なるのですが、たとえば今日健診でいらしてくださったご姉妹。

 妹様は小学校低学年で下の前歯が叢生気味。かたいものをなるべくよく噛んで食べてくださいと前回の検診時にお話しました。スルメやリンゴなど歯ごたえのある果物を積極的に食べているとのこと、笑顔で報告してくれました。乳犬歯間を測定させていただきながら経過を観察中です。

 お姉さまは乳歯がすべて抜けて永久歯が萌出中です。歯列そのものは元々整っていて,もちろんカリエスフリーです。永久歯列完成まであともう少しといったところです。が、最後まで気は抜けません。萌出途中の上下の歯がしっかりと良い角度でかみ合うようになるのに大切な時期です。日頃から意識してお口をしっかり閉じてもらうようにお話しをしました。(若干、上前歯の突出感があります)お口が開きっぱなしの場合に歯列に与える悪影響などをご本人お母様にお話ししたところ、家でも声かけをしてくださるとのこと。嬉しいです。

 矯正治療する、しないにかかわらず、検診に来てくださっているお子様の歯並びを少しでも良い方向に促すためにこういったお話も虫歯予防のお話と合わせてしています。

 もちろん歯並びを悪くする原因は生活習慣だけではありませんのでこれがすべてではありませんが、でも、健康な永久歯列づくりには必要な情報だと思います。特に顎の成長発育時期にはより注意していただきたい態癖による不正咬合の発生などもあります。順次ご紹介して参ります。

 ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

はじめまして、こんにちは。

清水歯科クリニックで主に小児、小児矯正治療を担当しております副院長の清水と申します。

小児矯正という特別な感じがしてしまうかもしれませんが、健全な永久歯列を作っていくために必要な虫歯や歯肉炎の治療となんら変わらないものとして、皆さまに情報を発信したり、治療にかかわっていきたいなと思っています。

治療例の紹介だけでなく、良い歯並び作りのためにご家庭で気をつけていただきたいことなどもご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

ホームページを開設しました

ホームページを開設いたしました。これからは、こちらのブログで症例などを掲載したいと考えております。

よろしくお願いします。

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ